【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年01月12日

遂に6号機でもジャグラーが!

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

遂に待望の6号機ジャグラー、情報が出回り始めましたね。ホールが6号機に失望しかけ、ユーザーは6号機に見切りを付けているこのタイミングでの発表。某世紀末覇者でも救世主になれませんでしたが、実際のところファンはどうなのでしょうか?

 

と、ジャグラーに触れる前にボートレースを嗜む者としては非常に残念な報道がありました。まぁ、ヘビーなボートレースファンならば、「やっぱりね」とか、「遅いよ摘発が」なんて感じなのでしょうけど、昨年秋に突然引退した働き盛りの某選手が八百長で逮捕されました! 若手で腕も確かなハズ…なのに記念クラスにはなれない選手でしたが選手のクラスとしてはA級レーサーですので腕は平均以上あります。若手は普通は枠なり進入、もしくは外コースから握るレースが多いのですが、この選手は結構内寄り指向でスローに入っていました。そのくせインで飛ぶ……。

 

今回の逮捕で「やっぱり」といった感じですが直接の逮捕の理由になった対象レースは琵琶湖のレース2つ。謝礼額は300万円との事ですから、世間ではボートレーサーの高収入ぶりも知られてきており、「たった300万円で…彼の腕ならもっと稼げたのに」と言われていますが違います。この2レースだけで300万円です。個人的にはレースを見ていても、このクラスの選手、ターンも上手いですしそれなのに1号艇が苦手、なんてボートレース選手としてあり得ません。つまり人気を被る1号艇の時に…だと思っています。普通の一般戦とかで1号艇に某選手クラス、残りはB級選手だともう1号艇の1本被りのオッズになります。極端な話、120通りの3連単の舟券のうち、6人居たら6号艇に新人選手とかが居たらまず切れます。となると1号艇の某選手が3着までに来ない、と知っていれば24点買いで的中可能ですし配当もかなり高くなるのです。

 

逮捕の直接の理由になったレースなんかは転覆艇が出ています。事故艇が出ると並走している場合は内側優先、基本着順を競る行為を事故艇付近でしてはならないので、ほぼ着順が決まってしまうのですが、この某選手は3着になってしまうので舟が止まるくらいまで減速してターンも大きく回り、後ろの舟に抜かれて4着になるという、酷いレースをしています。しかしそのまま5着にまで落ちるのではなく、その後は普通に走り4着キープですから誰がどう見ても…というレースでした。問題は逮捕者がこの某元選手と親戚だけなのに名古屋の特捜部が動いていることです。これはもしかして余罪だけではなく、何か反社との繋がりとか他の選手も関わっているとか、ありそうな雰囲気です。残念でなりません。

 

さて本題のSアイムジャグラーEX、5月の10日からの導入開始になる模様ですが、変更点は主にどこになるのでしょうか? まずはBIG獲得枚数が6号機Aタイプなので大幅に変わり252枚獲得になっています。レギュラー獲得枚数は96枚獲得、設定6でBB:RBの比率が1:1になるのは同じです。合成確率は設定1が1/169、設定6になると1/128との事ですが、今回はぶどうが8枚払い出しになった為、千円ベースが5号機アイムジャグラーEXの34Gから40Gへと上がり、これにより平均投資金額が約1000円少なくなります。アイム系のジャグラーなので設定6でも105%ちょっと。これは若年層はまず設定狙いすらしないと思われますが、年配層メインのお店では逆にそれがジャグラーコーナーを設定狙いの軍団などに荒らされる事が無いために積極的に導入したい機械ですね。とりあえず5万台販売するみたいですが、BIG枚数が減ってもジャグラーはジャグラーなので大コケは考えにくく、完売は間違いないでしょう。

 

問題はちゃんと売ってくれるのか? ですよね。噂によれば某反社、違った販社さんの総発機種のパチスロ、案件殺到しているので在庫になっている「CR機」を格安にするから買って欲しい…買っていただいたお店優先で販売を…なんて営業マン(笑)が居るみたいです。メーカーや販社さんはそんな売り方しないですよね、悪い営業マンが居るものです、という事にしておきましょう(笑)パチスロ6号機、メーカーも在庫を残したくないので見込みより少なめに製造して販売するのが今の流れ、ジャグラーの場合も初期5万台の反応を見て増産、増産となっていくのでしょう。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク