【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年12月22日

羽根物……なのか?

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

昨今は羽根物のリリースも減り、若い人は「羽根物ってどうやって遊ぶの?」なんて人が居たり、お店側でも若い店長の管理するお店などで機種POPに「CR天龍∞(ハネモノ)」なんて書いてあったりする時代、そんな中に大一さん、ディライトブランドから羽根物登場です。新規則第一弾羽根物「PA怪盗おそ松さん」です。羽根物なのに設定付き! 羽根物での設定判別という新しい楽しさを提案! だそうです……。出玉管理はメンテナンス不用、ヤクモノのバラツキやイレギュラーを吸収する6段階設定付き! との事。

 

設定で変わるのは直撃大当りの確率です。1/200~1/319という大当り確率ですが、52%で10R大当り! だそうです……。何で100%にしないのか……。V入賞(ヤクモノ大当り)時には3R・5R・10Rが均等振り分けとの事です。そしてこの機種、ハネモノなのに1個賞球機です! 売上も上がります! ……だそうです。羽根物打ちたいユーザーが1個賞球は求めていないと思うのですがね(汗 ヤクモノは天下一閃から使っているあのトゲトゲ役物なので安心と言えば安心ですが、3Rだと出玉も約180個。始動口とハネに拾った玉の賞球は1個……う~ん。

 

羽根物を今の時代に作るのは大変なのか? 開発目線の話はわかりませんが、羽根物を打つお客様には高ベースも必要だと思うんですよね。実際、この記事を書いている18日、直営店に先行導入されましたが雑誌系のライターさんも、パチプロのようなお客様も打っていないという状況です。(お店の名誉のために言うと、日中なので会社帰りのお客様で満席になるのでしょう) せっかく羽根物を作っているのに出玉が羽根物な権利物のような機械だと私は感じました。多分開発者には私のような現金機の羽根物を打ったことがある人が居ないのでしょう。残念な出来でした。

 

新基準機がイマイチだと言ってもあと1年ちょっとでオール6号機、オールP機の時代が来ます。その時今のお客様はどうなるのか? 客室内禁煙の問題もありますしね。自分が思うに客層の若返りが進むのではないでしょうか? ただその過程で既存客が減り、若いお客様が同じ人口居ないので一時的に今より遊技人口は減るでしょう。禁煙化はそんなに危惧するほどではなく、逆に若い客層を呼ぶ要素になると私は思っています。多分今回の羽根物も、作る指示を出す人は羽根物を知っていても現場が知らないからこのような機械が出来たのかな? なんて想像します。ただ、これに懲りずに「役物機の大一」なんて言われるように頑張って良い機械を出してほしいですね。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク