【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年11月08日

激闘体操

……最初はみんな中押しをしていた。

 

それがどうだ。時が過ぎるにつれ、また一人、また一人と順押しを始めて、そして何時しか全員が頂上ではなく出口を目指すためだけの順押しフリー打ちをしていた。最後に残ったのは光り輝くデータランプではなく、ストレスからの逃避に使われるスマートフォンのデッドライト。

 

そして誰もいなくなった。

 

いやー怖いですねぇ。ホラーですねぇ。まさか中押しを簡単にやめちゃうとは私も思わなかったんですが、ふと横を見ると「あれれれ。おかしいなぁ。あちらの方も何時の間にか順押しをしているし……やだなぁ、怖いなぁ」そんな事を思っているとね、出たんですよ。

 

トキが。

 

初打ちだったもので、画面を撮ることもなく後で確認をして見るとね。設定4以上だっていうじゃないですか。そうなると止めるには忍びない。どうしたものかと思いながら、AT終了時にボタンをポーンと押すとね。そうポーンと押したらね。出たんですよ。

 

ラオウが。

 

……これも後になって気づいた話なんですが、設定5期待度UPというではないですか。今思えばアレは虫の知らせというやつだったのかも知れませんね。

 

そうそう、私自身はね『ゼロか……』云々という台だと思っていたのですが、地元のね。その土地に住み続けている人に言わすと、その台は古い伝承の中ではこう伝わっているんですって。

 

 

『パチスロ北斗の拳 天昇』ってね。

 

好む好まないに関わらずスロッターなら避けては通れない機種、北斗の拳。ただし、今回の北斗は少し事情が違っていて、避けては通れない機種なのは間違い無いが事前のリスク回避。これは可能なのではなかろうか。

 

メインATへのCZ的な役割を果たす激闘BONUS確率が設定2で1/339。設定4で1/333。設定6で1/324(そして奇数だと確率が重い)という点から考えると、答えは明白。

 

設定6のみ「AT突入率」が頭一つ高く設定されている。そして、それを可能にするのならば「直撃AT」もしくは「CZ突破率」に大きな設定差をつけるしかない。なので重視すべきポイントは「CZ初当たりゲーム数」よりも「CZ突破率」。もしくは直撃。

 

それがどういった理屈で優遇されているのかは、おいおい考えるとして単純にCZをスルーしまくっている台は論外。これだけでも危機回避には繋がるはず。

 

逆に高設定の動きは……と偉そうな事を言える程は回していないんだけど、上記した事に気をつけていたら運良くツモれた設定4以上のデータはこちら。

 

【北斗の拳 天昇】

179-

(230 断末魔ゾーン)

235 激闘BONUS×

(081 断末魔ゾーン)

089 激闘BONUS◯

-AT 10ROUND/789枚

(312 世紀末ゾーン)

(434 断末魔ゾーン)

439 激闘BONUS×

(080 断末魔ゾーン)

(232 断末魔ゾーン)

243 激闘BONUS◯

-AT 14ROUND/996枚

-201 AT直撃 11ROUND/691枚

(227 世紀末ゾーン)

(655 世紀末ゾーン)

702 激闘BONUS◯

-AT 6ROUND/453枚

227 世紀末ゾーン

255やめ

※投資138枚 回収1324枚

 

ゲーム数 2628G(通常1986G)

激闘BONUS確率 5回(1/397.2)

天昇RUSH 4回(1/496)※7揃い直撃1回

 

【設定示唆等】

トキ1回 ラオウ1回 偶数示唆2回

銅トロフィー1回

 

危機回避能力。今回のマイスロには、その手助けとなる『閉店QR』というものが実装されていて、これを当日の18時以降に読み込むとそれまでの詳細データを見ることが可能。のみならず「トロフィー対応中」となっていたので、ゆくゆくはトロフィー状況までもチェックできるはず。

 

そして打ってみた感じ「設定示唆」が出やすい機種だと思う。つまりだ、ある程度の稼働がある状況ならば設定状況が一目瞭然。この機能は是非使ったほうがいいと思う。ちなみに、その機能を活用した、今回の機種グラフ(終日)はこちら。

 

 

なんとも言えないけど、激闘BONUS確率が悪すぎる(終日で1/426)ので設定5なのかなって気も……。

 

あと実戦で気づいた事はモード示唆の出やすさ。通常B以上の示唆として使われる「雨」や「雪」背景。これ100G消化後に出なかったのは一回のみ。逆に出なかったらA濃厚とも言えるかもしれない。PTで突入する「世紀末ゾーン」には期待しないほうがいいかもね。少なくともエナで狙える期待度では無いと思う。ありゃ罠だ。

 

エナ的な要素でいうと天井からのBONUS単発(AT非突入)時には、有利区間がきれずに次回の天井が200Gになるという実戦上での話もあるので、そちらのほうが狙いやすいかも。毎回、有利区間が再セットされないのならば、狙える要素が存在するのでは。(有利区間の使い方次第だけど、深くハマったあとは浅いG数が選ばれる……等あるかも)

 

 

AT中の継続システムは簡単そうに見えて複雑かも。ここらはさすがのサミーさんですよ。北斗修羅の勝負魂抽選とか(いい意味で)意味わかんねぇもん。修羅モードはシステムが分かれば裏シャチ的な楽しみ方もできるかも。

 

他はねぇ……。

 

演出的な部分(正直イマイチ、断末魔ゾーン前兆も毎回30Gのお約束すぎるし、所謂北斗演出とシステムが噛み合っていない気が)を書くのはまたの機会にするとして、やはりというか何というか……ケンシロウの演舞が異世界体操に見えて仕方がない。そもそもガチではあるが、全てが「目に目えているガチ」なのだろうか。そこに超常現象は存在しないのだろうか。

 

 

そう思ってしまうのは俺だけではないはず。いやぁ怖いですなぁ。

 

CLOSED BGM

勘冴えて悔しいわ/ずっと真夜中でいいのに。

スポンサーリンク