【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年10月20日

それが君のタイミング

これこそがレア役の極み。チェリーよりも熱く、特殊役よりも重いモノ。

 

 

中段チェリーだ。

 

『SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』における通常時の中段チェリーはEPボーナスが確定するだけであって、決して強い恩恵がある訳はない。ただし、初代まどマギとは違い次ゲームでのフリーズがあるので、中段チェリー後のレバー。とにかくここがアツイ。

 

そして初代と同じく、「引くタイミング」これも重要。

 

MB中での成立ならオールまどかジェム=悪魔ほむらゾーンが確定。実戦上ではあるけど、MB中のみならずMC(マギカチャレンジ)中でも有効。おそらく本前兆中でも(仕様から察するに)オールまどかが確定するのではないかな。

 

ホーリークインテッド中なら500枚上乗せ濃厚。(そこで引いた知り合い曰く)プラスして「ほむらVSマミ」がついてきたとの事。悪魔ほむら確定とはならずも500枚乗せの価値は大きい。開始時(ここでのレア役はセット数優遇)なら4SETになるのかな?

 

ホーリークインテッド後のマギカラッシュ本編中だと、上乗せ性能自体は落ちるものの上乗せ+いずれかの特化ゾーンが濃厚。

 

そして、特化ゾーンでもある「ほむらVSマミ」。おそらくは3桁話上乗せ+時間停止。悪魔ほむら中は500枚濃厚であって欲しい所。

 

くるみ割りの魔女中は、特殊役と同じ扱いならば「まどか、ほむら追撃」が発生して「悪魔ほむらゾーン」へ強制移行するのだけど……赤追撃もしくは、特殊役と同じく「悪魔ほむらゾーン」へ移行となるのでしょう。

 

枚数的な事を考えると、やはりホーリークインテッド中。もしくはMB中での成立……マギカラッシュ中のMBだと、実戦上では「上乗せ+悪魔ほむら濃厚」なので、引くならここかと。

 

で、今回の俺が引いた中段チェリー。

 

次ゲームで見事フリーズとはならなかったものの、次々ゲームでショートフリーズが無事に発生し……って、ショートフリーズ??

 

 

ってキュゥべぇチャレンジじゃねぇかよ、これ!!

 

数ゲーム前に引いていたスイカからCZをツモっていて、その本前兆に中段チェリーが成立したのでCZが格上げされたって事は分かる。が、ここで問題なのは果たしてこのCZはどういった扱いになっているのかという事だ。

 

言うまでもなく、キュゥべぇチャレンジは成功せずともMB確定で、成功した場合はいずれかのEP……つまりマギカラッシュ以上が確定だ。そして中段チェリー。これは先ほどから言っている通り「通常時はEP以上が確定」。ならば、このCZは「すでに決まっている」状態なのか??

 

もし、このCZを失敗してもEPが出てくるのか? 逆に成功した場合はどうなるんだ? 特化ゾーンが確定するのか??

 

答え。

 

キュゥべぇチャレンジを成功して出てきたEPは安定の「日曜日」。ホーリークインテッド後にMBが出てくる事も、セット継続もなく300枚終了。以上。

 

……いや、キュゥべぇチャレンジが成功した報酬は何処行ったよ??

 

さすがに失敗したらMBのみ(通常のキュウべぇチャレンジと同じ)って事は無いと思うんだが……。通常時の中段チェリーでもEPが確定する事を考えると、タイミング的には微妙な所で引いちゃったのかもね。

 

さてそんな『まどか叛逆』ですが、先日ついについについに念願の1000枚突破を果たしてまいりました。えぇ1000枚突破で記事を書く程度には長い道のりとハードルなのですよ。

 

きっかけは、散々煮湯を飲まされてきた「ほむらVSまみ」。強レア役からのホールドに成功し自身最高記録となる340枚。(というか初めてまともに乗せた)さらには、高確中の「!!!」ナビからスイカが成立し……

 

 

超高確率へと。(当然これも初)

 

そして、上記画像の左リールから成立した小役はスイカではなくチャンス目。超高確でのチャンス目は50%で「悪魔ほむらゾーン」確定となる、ほむらEP突入。ならずとも魔女確定。そして無事に……。

 

 

エロEP……もとい、ほむらEPへと突入。さらに今まで経験した事のない強レア役の偏りから「ほむらVSマミ」を2回重ね、その結果。

 

 

1500枚到達。

 

……これを凄いと思うか、ここまでやってもこんなものかと思うかは貴方次第。が、ホールで打っている人の多くはこう感じてしまうのでないだろうか。「最終目標+αを引いてこの枚数ならどうすればいいんだ」「どうすればメダルを流せるんだ」ってね。

 

最強特化ゾーンなんて呼びかたをつけて煽る行為自体がナンセンスな気もするが、煽る(=期待させる)のであれば「悪魔ほむら」に関しては、確率がめちゃめちゃ悪くともブッチギリの性能にしたほうが良かったのでは。

 

特に今の時代、動画等ではサムネイルに使われる訳ですよ。凄いのを引いたというテロップと一緒にね。でも、んな出ないんすよ、これ。そうすっと、見た人はどう思うのか。

 

そりゃ「これを引いてこれか……無理じゃん」そう思うでしょう。

 

実際は引けます。悪魔ほむら。引きやすいとは言いませんが、引けます。引かなきゃ無理な訳でもないです。引ければ嬉しいし、演出は格好いいけど(出玉的な意味では)騒ぐほどのもんじゃねぇ。偉そうにサムネで煽るほどのもんでもねぇ。でも、最強って言われたらさ。これ以上はない訳じゃん。

 

それならば、クソ重くしても「到達した価値」をつけたほうが良かったのでは。中段チェリーが16384なのは6号機だから仕方ない所もあるんだけどね。これをクリアしようと思ったら『星矢sp』みたく、実は1/512で成立しているが127/128で入賞回避ナビが発生しベルが成立する……といった形になっちゃうんだろうしさ。

 

そうすっと、せっかくの作り込まれた前兆(記憶の回廊後の夕方とか激アツ。前兆だけで一本書ける)に水を刺す事にもなっちゃう訳だし……。

 

何がいいかは俺にも分からないが、目指すべき最強が安すぎると目指す場所が見えなくなっちまう。そんな事もあるのではなかろうか。やっぱバキの相撲編は微妙だって話よ。

 

CLOSED BGM

タイミング / ブラックビスケッツ

スポンサーリンク