【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年10月14日

韓国旅行その1 初の欠航!

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

先週最後で触れたように、超激安、片道千円総額9千円チョイのチケットで韓国に旅行を…のハズが台風でまさかの欠航を食らいました!今までもLCCは使っており、大阪に行くのにも新幹線は高いので飛行機使っていたりしたのですが、LCC特有の奴で送れることは数回経験していました。大阪に行くときに新千歳が大雪で到着が遅れているから、その機材を使うので大阪行きの出発が遅れる、というのが1回目。2回目は仁川から戻ってくる飛行機が離陸できないので出発時刻が5時間ほど遅れる、という奴。どちらもANAやJALのように空港に余剰機材を駐機しておけるような大きな航空会社を使えば防げるのかもしれませんが、私の場合旅行はどちらかというと「旅行する事が目的」という場合が多く、いかに安く充実した旅が出来るのか?を重視しています。このためツアーもあまり使いません。今回はそれがアダとなり、仕事を終えて成田空港へ向かおうという時に「欠航」の連絡。そうです、成田空港は24時間空港では無いので遅れて夜中に出発が不可能なんです。

 

 

今回は往復2000円で大邱空港まで予約し、大邱のホテルも予約していたのですが当然当日キャンセルでお金は戻りません……。そして航空会社に電話をして変更掛けようにも電話がつながらない……。都合50分以上電話をリダイヤルし、公式HPのチャットでの問い合わせの順番待ちをして55分くらいでやっと電話が先に繋がりました。いくらLCCでも向こうの都合で欠航なので変更手数料は無料です。なので仕方なく翌日に変更を希望すると…「翌日は既に満席で無理です。翌々日はどうですか?」という回答。現地に23:00着で現地3泊、帰りは朝8:30には成田についてそのまま出勤予定だったので、翌々日の飛行機に変更だと滞在時間わずか6時間しかありません。さすがにそれでは意味ないので仕方なくキャンセル。往復で予約したから行きだけキャンセルとか出来ないと言われ、慌ててまずは仕事に間に合うように帰りの飛行機を検索して探します。さすがに当日夜中発のピーチ航空羽田発仁川行は満席でしたが、翌朝なら昨今の嫌韓、反日事情のおかげでまだ席が空いています。

 

しかしホテル予約したのは大邱。成田から本数多いのは仁川。そりゃぁ7万円とか払えばJALで行けますけど、それは俺の旅行の趣旨に合わない!と、検索しまくりまずは帰りの飛行機を予約。T-WAY航空という韓国のLCCで成田-大邱の往復定期便を運航しています。しかし行きは大邱空港着が20:30過ぎ……。でも帰国便は朝6:10発なので帰国した日に仕事に行ける……。いろいろ考えて結局片道でまずは大邱⇒成田のチケットを予約しました。なんとまだ席が空いているせいか、手荷物預けない一番安いチケットは空港税、座席予約、燃油サーチャージ入れて合計5255円!端数あるのは大邱からの片道なのでウォンで決済の為、日本円になおすと端数が出ます。往復で予約すればよいが、到着が夜、その日もう少し早く行けないものか?と思案して釜山着と仁川着の飛行機を探します。釜山行きは座席も空いているのが少なく、仁川行を見ていたら済州航空の午前中発の仁川行が空いてます!なんと前日で離陸まで約15時間レベルの直近なのにまだ空席!それも3500円!(総額で6770円)すぐに予約です(笑)

 

こうして何とか翌日に飛び立つことになりましたが、本当に焦りましたね。ホテルは当日キャンセルなので100%取られるし、往復のチケット代は9000円ちょっとのハズが13000位になるし……。今年2度目の大邱でしたが行きは仁川着。いつものように空港でWifiと予備バッテリー、充電器を借りてから空港鉄道の駅へ。このWifiレンタルですが、日本で借りるよりも断然空港でのレンタルがオススメ。まずは充電器の問題が解決します。韓国はコンセントの形状も違う220V。変換プラグなどを購入しなくても空港でWifi借りれば充電器は付いてきます。街中でグーグルマップばかり使うと電池の消費も早いですが、これも予備バッテリーがあるので問題解決です。それでいて価格が何と1日300円程度。これは日本で借りるのがバカらしくなるほどの価格です。LINE通話があるので現地でローミングして高い携帯料金を払わなくても、このようにWifiをレンタルして、飛行機を降りても機内モードのままにしておけばネットは使えますので日本との連絡もLINE電話を使えば何も問題無いですね。

 

そしてLINEには「LINE韓国ATM両替」という機能があります。一度マイナンバーカードを登録しておけば、LINE PAYのように口座からチャージして、暗証番号を自分で決めておくだけで、現地韓国の「新韓銀行」ATMからそのままウォンの紙幣を下せるという優れもの!そしてレートも良く、空港なんかだと圧勝。明洞の中国大使館前両替所とほぼ同じレートなので、電車賃等考えればわざわざ明洞行かなくても大丈夫!非常に便利です…が、この「新韓銀行」ATMが、ソウルは至る所にあります。しかし今回、大邱も慶州もソウルと違い全く無く、結局銀行の支店まで行ったので注意が必要です。ただ、レートも凄く良いのでぜひ使いたい機能ですね。詳しくは検索してください(笑)

 

ソウル到着からはKTXに乗り換えて東大邱駅まで約100分の旅。新幹線みたいな奴です。どうせなので「特室」というグレード高い席を予約してみました。1列に座席は3席でWifi完備。ミネラルウォーター飲み放題にクッキーとナッツが付いてきて、新聞雑誌が無料で置いてあります。結構快適でしたね。あっという間に大邱まで付きましたが、空港から高速バスだと約4時間くらい。空港からソウルに出てKTXだと3時間掛かりません。そりゃぁバスのほうが安いですが、KTXの旅も良いですね。隠し撮りみたいな写真ですが、こんな感じです。

 

 

続きはまた来週!

スポンサーリンク