【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年09月29日

S天下布武

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

今回は山佐さんの天下布武の紹介です。シリーズ3作目は6号機での登場、純増約3枚のAT機です。メーカー曰く、「山佐のタイトル機種でもっとも45歳以上の遊技比率が高い!」との事で、資金力のある客層に訴求効果がありそうです。天下布武の1作目は遡る事15年前の2004年に発売、3作トータルで約55000台市場に出ている模様です。まぁ、ニューパルサーを別格とすれば山佐の機械の中では売れているのかな?

 

今作のセールスポイントはまずターゲットをバブル世代に定めた演出、懐かしの「CM」「TV番組」「ヒット曲」などのパロディー満載との事で、20代前半のスロッターには意味不明と思われることが想像できます。なのでスペック面でのポイントを紹介(笑)まずはシリーズ史上最強になった「覚醒モード」です。平均滞在ゲーム数は約52ゲーム、AT「天雅ラッシュ」当選率は約1/8.3、突入時の期待枚数は約822枚とシリーズ最強になっています。そしてボーナスはゲーム数解除に期待が出来、33Gから100G刻みでチャンスが訪れます。ボーナス超高確率の3武将ステージには51Gから100G周期で突入、成功すれば決戦+ボーナスとなる「下剋上チャンス」には201Gより100G刻みでチャンスが訪れます。

 

さてその「決戦」ですが、自力プレミアムチャンスとも言える仕様で勝利すると覚醒100G+天下ボーナスが確定、期待枚数は設定1でも約2334枚、つまり有利区間完走がほぼ確定になります。この決戦に入ると伝統の2択チャレンジを8回行い、成功回数に応じて勝利抽選を行います。もちろんナビが発生する場合もあるので突入するだけで期待度激高です!普段のステージは天下布武ですので対応役ごとに3つのステージと前作を遊んだことある人ならば違和感なく遊べます。忍者ステージはG数解除示唆、城内ステージ移行でボーナス前兆になります。RUSHに入ると1セット30~90G、そこから疑似ボーナスを引いたり覚醒モードに入れたり、特化ゾーン「真・天雅ラッシュ」に入れたりして出玉を増やすタイプです。ATの「天雅ラッシュ」にはレベルがあり、ステージレベルが上がるほどボーナス期待度がUPします。ボーナスにはレア役での抽選の他、ゲーム数での抽選もあります。上乗せ特化ゾーンの「真・天雅ラッシュ」に突入すれば、毎ゲームで「覚醒G数」を上乗せです。この「真・天雅ラッシュ」は1セット7G+αのループタイプで1回の上乗せG数は5G~30Gです。終了後は天下ボーナスが付いてくるので大量獲得に期待が持てますね。

 

ホール登場は12月の予定ですが、狙い目ゲーム数などをここで公開しちゃいましょう。まずはモード。通常時のモードは5つ。①通常モード ②三武将モード ⇒ ボーナス超高確率に移行しやすい。 ③決戦モード ⇒ 下剋上チャンスに突入しやすい ④天国モード 136Gまでにボーナス確定 ⑤超天国モード 36Gまでにボーナス確定 となっています。ホール側の視点で言うと、最近のパチスロ、約50万円するところを価格が安め、更にレンタルプランがあるということで、非常にホールにとっては助かる機械です。もちろん突き抜けて大人気の6号機が出てくることを望んでいますが、現状は新台に不満があるユーザーが多い為に新台が出るととりあえず打ってみるので初動は良いのですが、それが続かずに次の新台が出るとお客様が店内移動、という現象を良く見ます。なので価格が高い機種ならば、長持ちするという訳でもないのに検定切れ、認定切れ対応の為にお客様が物足りなく感じるスペックの機械も入れていく、そんな状況です。なので単純に6号機の導入費用が安いというのはお店にとって喜ぶべき事かと思います。5000台予定という事で市場で飽和する事は無いのかと思います。

 

それでは、また来週!

スポンサーリンク