【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年09月16日

佐藤家夏旅行2019~2日目~

「佐藤家夏旅行2019~2日目~」

 

遂にこの日がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

夢にまで見た「岐阜レトロミュージアム」へ行く。存在を知ってから「いつの日か必ず行く!」と誓い、ライター(演者)としては最底辺からの再スタートを切り、登り詰めて行ってやると思っていたが、傾斜がきつくて全く登れず(爆)

 

仕方がなく家族旅行という名目の元、自費ではるばる来ましたよ。とその前に、このホテル(都ホテル岐阜長良川)の朝食は

 

「朝ごはんフェスティバルR2018」で優勝!!

 

したほど美味しいらしい。つか、その記事を見て夢が宿を決めたんだけどね。

 

 

写メの撮り方が下手で申し訳ない……。種類的には他の宿のバイキングと大差はないが、味は確かに美味しいと感じた。特に右上にある「鮎雑炊」は絶品!!

 

じゃ、腹も満たされたことだしあそこに行きますか!!

 

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! BOSS感激!! スマホで何度も確認した店構えと同じ(当り前)。もうワクワクが止まらない!! ちなみに、開店20分前に到着して1番入場です。

 

 

古い玉貸し機。違うタイプの古いのは実際に使ったことがあるが、これは初めて見るタイプ。5個ずつ出てくるっぽいから100円単位かな?

 

 

スマートボールまである! 大昔はパチンコ屋の片隅にスマートボールを置いている店も多かった。オレも親に連れられてやったことある。

 

 

出ました「キングスター(三共)」。10カウント規制前の台で、大当りすると30秒間開く。その間にVゾーンに入れば最大で8ラウンドまで継続。

 

 

「ゼロタイガー(平和)」。この機種に出会わなければオレの人生は全く違っていたと言っても過言ではない。そのくらいハマった(小学生だったけどw)。

 

 

「ラスターⅡ(藤商事)」。特に思い入れはないのだが、打てる状態で残っているのは少なめ?

 

 

「ミラミッドX(高尾)」地味だけどかなり好き。デジタルの止まり方が素敵で、最後の最後で全回転みたいに止まって大当たりとか最高! 連チャンもそれなり。

 

 

「リバティベルⅢ(メーシー)」世界が全滅する……。結局全滅は免れたが、11の倍数で当ることが解って攻略される……。

 

 

●コインを1枚手入れ
●清算ボタンを押しながらレバーを叩く
●STOPランプが点灯してから清算ボタンから手を放す
●左・中に中段以外に7をテンパイさせる(ランダム制御)
●中段以外にテンパイしたらコインを2枚追加
●右リールテンパイラインに7をビタ押しでBIGボーナススタート
●目押しが早くてテンパイラインにピエロが停止するとREGボーナスがスタート
※REGを揃えた方が効率は良い。

 

 

「ザ・名古屋パート2(大一商会)」クソ台。いや、世間一般的には名機と呼ばれてるのかもしれんが、オレは全く勝てた記憶がない。とにかく辛い。もちろん、釘が開いていれば勝てたのだろうが……。

 

パチンコ・パチスロは全部で40台くらい? あり、定期的かはわからないが機種も入れ替わるので、時期を変えて何度も行くことをお勧めします。

 

 

ミュージアム内は駄菓子も豊富で子供さんにも大人気。

 

 

懐かしいっ! 35年くらい前だろうか? 旗揚げゲームね。

 

 

お昼ご飯はハンバーガーの自動販売機で。って、よく動くね? これなんて40年くらい前じゃね? 小学生の頃よく食べた記憶がある。

 

 

ハングオン!! この筐体は操作しやすそうだね。オレがやってたのは完全にバイクに跨るタイプだったから激ムズだった。

 

 

ギャプラス!! 裏技が豊富な最高傑作。

 

 

あったなーw 球を運ぶだけの単純ゲームなのに、物凄く奥深いんだよねー。

 

 

休憩所に古いパチンコ雑誌が陳列されていた。もしや? と思って手に取ると……

 

 

1999年新年号ということは、軍団長ラスト年だなw つーことは、当然……

 

 

いた(爆) しかも黒歴史に近い記事書いてるwww

 

いやー、初のレトロミュージアムはとにかく興奮して感動しました。

 

次回は名機列伝でお邪魔させていただきますよ!
(運営へのプレッシャーを込めて)。

 

【岐阜レトロミュージアム】
〒501-2103 岐阜県山県市椎倉323
営業日 金曜日・土曜日・日曜日・月曜日
営業時間 10時開店の17時閉店
料金は現地確認。2019年8月時点では1日券が大人3000円でした。

 

1日遊んだ後は温泉でしょ! 泊っているホテルは温泉じゃなかったので、長良川を挟んで向かい側にある「十八桜」で風呂だけ入りに。

 

 

もうね、老舗感がハンパないっ! 中も超豪華でとてもじゃないが泊まるのは無理そう……。とりあえず、風呂は大きく眺めも最高でした。

 

 

十八桜がある場所の街並み。完全にタイムスリップでしょ。

 

 

時代劇に入りこんだようだが、左に何か書いてるな

 

「十六銀行」

 

いやいやいやいや、この景観でそれはないでしょ。

 

 

銀行だった(爆)

 

じゃ、夜は岐阜駅近くの居酒屋で郷土料理をいただきますか! それも、嫁のおごりで! 何故なら、オレと息子がレトロミュージアムで遊んでいた頃、

 

嫁は駅近くのパチ屋で5000枚出していた(爆)

 

 

美味しいことは間違いないが、料理名忘れちゃった……。

 

 

岐阜と言ったら鮎でしょ! と食べたけど、なんというか、オレは海魚の方が好きだと再確認したので

 

オレもう帰る。

 

 

スポンサーリンク