【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年09月13日

まどか再び

それにしても、FREEって本当に小煩いよなぁ。あれがダメだとか、それがダメだとか、もっと気軽に気持ちよくパチスロを楽しめないもんかね。嫌なら打たなきゃいいのに、文句ばっかり言って一体何をパチスロに求めているんだよ。

 

……バカ野郎。そんなんじゃねぇよ。俺があぁだ、こうだと言うのは、嫌いだからとか負けたからだとかじゃねぇんだよ。

 

 

ただ愛しているからこそなんだ。

 

ついに導入の始まった『SLOT劇場版まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』。愛がなきゃ視えないものもあるが、愛が何かを曇らせる事もある。その台の真価を問うには設定6をツモる事も重要だし、何よりもネットの評価を見るのではなくじっくりと「台」そのものを見なきゃいけない。

 

例えば、通常時における前兆。

 

おもに(レア役当選を含む)ゲーム数の前兆とCZの前兆に別れていて、後者のCZ前兆。これは初代と同じく、ガセゲーム数前兆中にCZに当選した場合は前兆中だろうともCZに突入。イコールとしてガセ前兆中だったという事も確定する訳だけど……最近は多いのですよ、ガセ前兆を全て消化し終わった後にCZ前兆が走り始める台がさ。いる、それ??

 

 

CZ前兆が短い部分(8G程度かな)や無駄に引っ張らない部分にも好感がもてるし、やろうと思えば幾らでも出来たはずの「ヤメにくくする露骨な罠」が搭載さていない事、これは心象としてかなりのプラス要素。出来たはずなんですよ、例えば訳の分かんねぇ「穢れ特化ゾーン」とか、弱レア役にも関わらず前兆を走らせるとか、スイカを引くたびに長ったらしいCZ前兆に入れる等々。

 

そういった「打ち手が嫌がるであろう事」を搭載しなかったのは英断だと俺は思う。

 

そして通常時におけるMB(マギカボーナス)の前兆。

 

G数前兆としては、基本的に下60Gで始まる事が多くて、滞在比率の高い通常モードだと260G、460G等で発生して、これが下10Gだと期待大。もしくはチャンスモードの示唆。110G程度からの奇数桁での前兆はチャンスモード濃厚で、即前兆も高モード示唆のはず。

 

この通常時。ガセ前兆(30G程度続き当否を告知するもの)に入らずとも、チャンス目後には所謂「プレ前兆」というものに入る事が多くて、この間は「レア役対応演出でのハズレ」や「青文字」などが出ちゃうので、そういった部分は好みが別れる所かも。前兆までいかずに「ふんわり」と終わる事も多くなるしさ。

 

ただ、チャンス目後に毎回毎回、前兆がきっちりと走っていたら、結果として前兆ステージの期待感が下がってしまうし、何よりも単純にウザい。ふんわりと終わっていく事も多いからこそ「プレ前兆長くね?」からの……

 

 

第三停止でシネスコという見せ方も出来ているのでは?(チャンス目停止なのはおそらくたまたま)

 

このシネスコ演出。上記写真の「ほむらと杏子の対話」「ほむらとまどかの対話」演出を確認していて、その両方とも「演出の入り」は通常と一緒。途中までは一緒なのに、第三停止でいきなりシネスコはいってのWIN表示。正直ケツ浮く。

 

 

この告知なんて「通常時赤文字→前兆ステージ→次回予告→連続演出が1G目で終了→復活等もなく通常時→次ゲームで告知」だぜ。書き換えがあったのかも知れないが、さすがと言うしかねぇよ。

 

ま、何時もと違う演出群が強いぶん、初代に比べる(比べるものでもないが)と「微妙な演出の機微」に乏しいというのも事実。個人的には連続演出ラストゲームでボタンPUSHから告知する手法は好きじゃない。押さねえし、俺。

 

……うん、気づけば前兆だけで長ったらしく書いちゃったけど、これだけは言える。

 

自分が引いた小役で当選するって何て素敵なのだろう。当たり前の事ではあるが、当たり前の事を当たり前にやっているからこそ、逆に新鮮に感じちゃったもん。えっ、これで当たっていいんですか的な。

 

G数解除の事について触れると、モードが「通常」「チャンス」「悪魔」のみというのが意外。というのも、出玉管理がメインに移行してから多くの機種は設定別の細かな「ゲーム数テーブルの振り分け」ではなく「モード移行率」で差を出しているので、「天国」というものが無いというのは……勿論、ゲーム数テーブルの振り分けや、「チャンス」の前半を濃くする事、他の様々な要素で100G以内の当選を高めているのかも知れないんだけどさ。

 

……さて、幾ら書いても書き足りねぇし、実戦データもきっちりと乗せたい所ではあるが、これだけは最後に書かなきゃいけない。簡潔に言うとだ。

 

 

AT中が微妙。

 

中々引けないボーナスを引いて、プラス10枚なのは飲み込む(特化の可能性も高いしさ)にせよ、ベルナビでモードが管理されているという部分を感じにくいんですよ、これ。ベルナビ云々をするには純増が高すぎるし、出玉の塊が弱すぎる。番長3程度の純増や見せ方なら「ベルでモード」というのにも納得できるんだけど……ぶっちゃけ色々考える前に終わるじゃん、これ。

 

実際問題として、他機種で2万負けてからの選択肢に入る台(サクッと1000枚欲しい人向きではない)ではないので、5号機6号機、低純増高純増と悪鬼入り混じる現状の中でどういった立ち位置を取れるのか、それが今後の重要ポイントになってくるのかなと。これに関しては『まどか叛逆』だけではなく6号機というものの「在り方」自体の話でもあるんだけどね。

 

ただねぇ、愛が目を曇らせる訳ではないけど、ギリギリのバランスを取っているのも分かる訳ですよ。

 

例えば、天井が700Gだという事。ノンストップ純増3枚で完走可能にするのなら、これがギリギリのラインだし、AT突入率を重くするためにMB確率を下げると、俺が散々書いてきたような前兆の妙技は捨てなきゃいけない。ただのハイエナ台になって、レア役は「チャンス」にしなきゃいけない。それこそPT管理等にして「間」を持たさなきゃいけないのかも知れない。

 

そういった事を安易に行わず、パチスロであろうとした事。パチスロであり続けようとした事。

 

パチスロの皮をかぶった、パチスロ以外の何かに興じる趣味はねぇが、少しでもパチスロ機であると言うのなら俺はまだまだ付き合ってやるよ。

 

そうだな、とりあえずの目標としては……

 

 

せめて100枚は欲しい。

 

CLOSED BGM

Cosmic Dancer /T.REX

スポンサーリンク