【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年08月28日

「中の中」なりの向き合い方

さあ回収期明け、お盆明け。お盆中は頑張りすぎず、リスクを避けてコストをかけないような選択をとっていた私ですが、ここは今後のことを考えるという意味でもきっちり動いておきたい期間ですよね。

 

 

 

(ワープ演出+左中段バンバン、ここからのバンバン揃いはないためこれで一確)

 

 

と言いつつ、お盆が明けても結局『バンバンクロス』を打ちまくる男が一人。まあ、この選択をとるに至った理由も一応いくつかありまして。

 

まず、盆明け初日は特定日系・入替時差系と狙えそうなものが多くあったものの、ここの店+地域が間違いないとまで言える所がなかったこと。回収期明けすぐって、この辺が結構難しいんですよね。ちゃんと回収出来ているならおそらくちゃんと戻してくると思いますけど、昨今のように土日や回収期でもお客さん入らんかったよ……ってな店となると、戻すのも返すのも難しいと思いますし。回収期の状況をきっちり掴んでおくと、こういう場合の判断要素になりますが、さりとてそれだけのためにコストをかけるのもねぇ。

 

次に、前回で「近所に設定C(C+)を毎日入れている店が3店舗ある」と記しまして、先週にはそれが2店舗に減ってしまってはいましたが、その2店のCがほぼ完全に……と表現してもよいほど放置されていたため。『3×3 EYES』の際も最初の頃こそたまにCを打っていたのにあるときからまったく打てなくなっていたのは、狙い手が増えて並びを入れないと座れなくなってしまったからで、もちろんバンバンはCならサザンと比べものにならないわけですが、それでも「楽」に座れるとなれば話は別。私的にここはかなりの重要ポイント、Cの狙い手が増えて万が一にも並ぶとかいう事態が発生したなら、私は二度と触ることがなくなると思いますね。

 

あとは、拠点(本部)から毎日近所の店に通っていたら、あまりにも珍しいからかなんだか楽しくなってきたこともあります。もしかしたら「家に一旦入ると出たくなくなる病」の人間かもしれない……これは、私以上に旅暮らしな専業さん複数人も言っていたのですよね。あると思います。

 

まあ、でも最大の理由は、

 

 

 

(一番良かったときの数字を載せるあざとい男)

 

 

難しいかもなぁ……と当初は思っていた「成功率90%↑」が、わりと早い段階で達成出来たことですかね。いくら近所で、楽で、打つのも楽しすぃ~なんて言っていても、それが激々安々台というのでは、さすがに毎日はやれませんから。

 

 

それでは、どうやったらこんな短期間で10%も成功率が上がったのか。先に正直なところを言ってしまうと当たり前のことしかしておらず、間違いなく大したことはしていないのですが……まあ、今回上げるポイントは目押し力が私くらい、すなわち「中の中」くらいの普通の人向け、ということで。目押し力が怪物級の、初打ちで95%↑だった~みたいな人は、我々の存在になぞ目を向けず、出来るだけ見ずに空気のように扱ってあげてください。何卒よろしくお願いします(ペッコリ)

 

 

さて、それでは目押しのポイントについてですが……よく考えると当たり前のこと過ぎて書くのがなんだか恥ずかしくなってきたな……。まぁ気にせず進めます。

 

前回では「枠下黒BAR押しは見にくい、押しにくい」と言って赤7狙いをしていたわけですが……まず、これが大いなる間違いでした。「アシスト」の件も含めれば当然の話なのですけど、私的にあまり得意でない枠下押し+赤7近辺のあまりの視認性の良さに、ついそちらを狙ってしまった。いや、比較的短期で修正出来たのは幸いと言うべきか……。

 

上画像の「アシスト」の項目に数字がある時点でお分かりでしょうけども、盆明けからは全てBAR枠下押しでやっていました。最初に何回かやってみてやりにくいと感じて敬遠したわけですが、色々とちょっとやってみたら、これ逆に赤7よりやりやすいのでは?? となったためです。

 

本機のビタに関しては「範囲が広い」とか「判定が甘い」などの意見を様々なところで見聞きしておりますが……あくまで個人的な意見と推測ですけど、この台のビタ判定は甘いとかでなくて「上側に広い」のではないかな?? と感じるのです。いや、BIG中の上段ビタがな~んか上手く決まらんなぁと思っていて、ちょっと「上側」に修正したら成功率が良くなりましてね。じゃあそれCB中にも適用してみたら?? とやってみたら、これがなんだか上手くいったというわけでして。なので、私的には枠下にBAR=中段にバンバン図柄を押しているという感覚ではなくて、「BARを下段+ちょっと下」に押している感覚なのです。椅子の高さ=見え方によってはもう「下段押し」のつもりでもイケるかもしれません。とりあえず、「中の中」の人が枠下にBARを押そうとすると、わりと失敗しやすい判定なのではないかなと。もちろん、これは個人的推測+私個人の押す感覚の話なので、他の「中の中」の人もそうだとは限りませんが、私的にはこの考え方とやり方が最も合っていたようです。

 

そして、もうひとつのポイント……それは「急がないこと」です。ああっ、「当たり前の話やん…」という声なき声が聞こえるようだ……。いや、まぁまぁその通りなのですけども、本機はサザンよりも点数やら時間やら、打ち手を「急がせる」ような要素が非常に多いので、気にしないようにしていてもつい気になってしまうのですよね。

 

特に、特殊音とともに登場するクロスチャレンジの「SSR」出現のとき。中リール上に出現するゲージがどんどん減っていって打ち手を焦らせるのも困りものですが、私くらいの「中の中」、そして私のように「ゆっくりマイペース派」に属していると、左→右と止めた段階でゲージがそこそこ少なくなっていて、中リールを押そうとしたあたりで、

 

 

 

ちょうどこの光が発生して気が削がれる、ということが起こり得ます。まあこれがあってもいつも通りに押せれば成功率は変わらないのですが、光にタイミングが合いそうになってしまったら、

 

 

 

光るのが終わったこの状態まで待ったほうが、私的にはやりやすい気がしました。

 

あとは、

 

 

 

最初からこの「シークレットモード」にしてしまうとか。CBを揃えるときに「第三停止押しっぱ+PUSH押下」でこれになりますので、何にも気にしないで打ちたい!! という人はやってみてください。

 

 

 

(演出は何故かサザン風。チェリー示唆の白ナビとベルの黄ナビは出現しなくなるので、カットインなし時は白BAR狙いで)

 

 

 

(10連ごとの特殊ステージはやや分かりにくいのでシークレットモードにするのもあり)

 

 

とにかく、我々「中の中」がまずしなければならないのは点数でもスピードでもなく「目押しの成功」であります。点数などの付加要素は怪物級の人たちにお任せして、ゆっくりマイペースにやって、まずはしっかりとした獲得枚数を確保することを私的にはオススメしております。

 

 

……ということで、まとめますると、

 

「BAR枠下押しというより下段+α押しのつもりで」

 

「慌てず急がずマイペースで」

 

 

……うん、普通だ。至って普通だなぁ。だから「ビタ押しのコツは次回コラムにてっ!!」とかTwitterで余計なこと言わなきゃいいのにっ!!

 

まあ、私がこの2要素を気を付けて80%→90%ちょっとへと成功率が上昇したのは一応事実です。人それぞれ合ったやり方や考え方があると思いますが、私のやり方考え方が合うかも~という人はちょこっとだけ気にしてやってみてくださいね。

 

 

ということでぇ~、それではまたぁ!!

スポンサーリンク