【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年08月02日

ほんとにほんとにチャンス

……おっ、新しい動画がアップされてるじゃん。

 

なんだこれ。新台を解説しているわりには、いきなり機種名で噛んでいるし、全体的に怠そうな「えー」を多用した喋りだし、おまけに何だよ、第三停止を押した後の気持ち悪いタメのスクリューは。そういうのをさぁ、動画でやられると本来注視すべきの機種情報が入ってこないんだよね。動画のテンポも悪いし、姿勢も悪いし、おまけに顔も眉毛も髪型も悪い。BOSSを出せよ、BOSSを。一体、誰だよこいつは。

 

って、俺じゃねぇかよ!!

 

んな訳でYOUTUBEのパチスロクロスチャンネルにて『パチスロ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の試打動画がアップされているので、あっぷあっぷしている私を見たい方……もとい、新台の雰囲気を見たい方は是非ご覧になって下さい。

 

にしても、人間って幾つになっても緊張するもんですね。初めてバンドを組んでステージに立った日。初めてバーカウンターの中に立ってお酒を作った日。初めてブログを立ち上げた時。初めて、サイトに原稿を寄稿した時。

 

何時だって、俺は緊張をしていて、何時だって失敗をしてきた。初めての大きな箱でのライブなんて、前任者のベーシストが顔役だったという事もあり、ボロッカスな評判だったもんね。正直、悔しくて泣いちゃったもん。そこから必死に練習をして、才能はなかったけど何とか自分の立ち位置を確立していった日々の事を久しぶりに思い出し、慣れ親しんだぬるま湯につかってばかりではなく「チャンス」に挑戦をしていく事の面白味。

 

それを久しぶりに思い出しました。そう。

 

 

鉄拳チャンスは本当にチャンスなんだから!!

 

パチスロ界を代表するパワーワード「鉄拳チャンス(以下TC)」を搭載した『パチスロ 鉄拳4』。このTC、そしてボーナスとバトル継続システムのバトルボーナス(以下BB)、さらにはBB上位のデビルバトル。それらを繋いで出玉を構築していく鉄拳コンボシステム。まずはこちらのデータから。

 

 

【パチスロ 鉄拳4】

062-

(129 CZ/スイカ)

150 青BIG

040 REG

(027 TC一美×)

(065 TC×)

(075 TC〇)

081 REG

-107高確落ち

(288 CZ/チャンス目)

(373 CZ/弱チェ)

(416 CZ2/強チェ)

(451 CZ/戻し?)

(473 平八/CZ失敗後移行)

475 青BIG

-072 高確落ち

(310 CZ/チャンス目)

333 REG

-107高確落ち

(166 CZ/チャンス目)

188 青BIG

-81高確落ち

(106 CZ2/スイカorチャンス目)

127 REG

-62高確落ち

122やめ

※投資18k

 

 

 

不思議なもんで白い紙の上に書くと、そこまで酷いデータでもないが、BIGが120枚程でRBに関してはベルナビが8回だ。いくらハマりが浅かろうとも、高確やTCを生かせない限りサンドからの10連コンボを一方的に食らうのみ。上位のCZや気になる挙動(謎CZやCZ失敗後の平八移行、一美TC等)もきているから、もうちょい様子を見てもいいんだけど……

 

いかんせん出率面が『厳しい台』なので、あまり深追いしちゃうのもねぇ。とりあえず島状況的にも再び戻ってこれそうなので、横のTC後即ヤメ台(高確率残り)を狙うと、それが見事にヒットし、そこから無理ゲーと評判のBBを6連勝し自身初となる。

 

 

デビル化!!

 

したはいいものの、勘違いしてはいけないのは、まだ「デビルバトル」では無いという事。6連勝後のEXバトルにて若い頃の平八に勝利できると「デビルバトル」に突入。つってもさ、こっちだってデビル化している訳ですし、そもそも6連勝する事自体が(かなりシナリオに左右されるが)難しいんだ。それなりには勝てるのでは、なかろうか……

 

なーんて考えは本当に大甘だぜ。RPG史上で一番強いボスキャラとして女神転生シリーズの「人修羅」を上げるのならば、(自力バトルシステムの)スロット史上で一番強いのはEXでの平八だと思う。まさに手も足も出ねぇ。というか、20Gも耐えられずにぶっ倒れるのに、なんでわざわざデビル化したんすか??

 

いや、何となくは分かるんですよ。高純増でありながら出率面が厳しい6号機と『自力バトル』との食い合わせの悪さ、それは何となくは分かる。が、何故に打ち手にストレスを与えようとするのか、それが疑問。

 

そもそも敵の必殺技(コンボ)って誰が喜ぶの??

 

百歩譲ってそれは飲み込みましょう。でもさ、敵のコンボ中にベルを引いたら「ベルで自キャラが攻撃」というルールから考えると、発動を阻止できる。もしくはカウンターが妥当だと俺は思うんですよ。

 

この台、そこでのベルは「拓当て」をしなきゃいけないです。そして「拓当て」の結果、ベルが入賞しても自キャラの行動は「攻撃」ではなく「回避」という謎仕様。押し順6拓ナビの発生は「拓当て」になっていないので、ノットベルが濃厚。つまりアウト。

 

さらに付け加えると、自力継続システムの台で重要な「ベルor3枚役」といった押し順ナビも第一停止の段階で敵が攻撃してくる事が多いので、リールを止める楽しみは感じられませんでした。(カウンターもあるけど頻度が少ない)

 

もう一つ、おまけで付け加えるとAT機で「おっ!!」と思う、所謂ナビ無し。大概リプレイなのは仕方がないにせよ、リプレイでも殴られるスパルタ教育は、まさに平八流パワハラ。勿論、6連勝する事だって出来るんですけどね、今回も良シナリオから6連勝していますし。ただ理不尽感が凄い

 

せめてバトル敗北時ぐらいは第三停止まで結果を引っ張るべき。だってレバー叩いて敵が気合いれたら(ほぼ)終わりなんだもん。終わりを迎えるために止めていく押し順ナビって……すっげぇつまらねぇし、意味あるのかな、それ。TC関連やBB以外の部分は(演出傾向に)好みはあるものの、そこまで悪くないと思うぶん、余計に惜しいよ。

 

……いかん、またアホみたいに長くなってきた。

 

えっと、もともと打っていた台のREG中に『デビル一美(設定4以上)』が出現していたので出戻ったデータがこちら。

 

 

104-

(148 CZ2/強チェリー)

169 REG

(044 TC〇)

059 赤BIG→BB345枚

(019 TC〇)

032 BB89枚

(039 TC〇)

048 青BIG→BB204枚

(046 TC〇)

058 赤BIG

-102高確落ち

(202 CZ/スイカ)

(242 CZ/スイカ)

263 青BIG→BB117枚

(065 TC〇)

079 青BIG

(023 TC〇)

037 青BIG

(023 TC〇)

035 青BIG

(018 TC〇)

028 青BIG

(022 TC〇)

034 青BIG

(016 TC〇)

027 青BIG

067 青BIG

-48高確落ち

129やめ

※投資3k(前後半合わせ21k) 回収1687枚

 

前半後半の通常時累計 約2300G

弱チェリー26回(1/88.4) 共通ベルA10回(1/230)

 

 

 

打っていて一番気になったのは、やはりTC関連。ボーナス後50G程たってからの発動パターンを数回見た事があるんだけど、これはTC前兆自体が長いのだろうか。それともTC高確自体がロング継続しているのか。もしくはTC高確は潜伏してから発動する事があるのか。演出的にボーナス高確かと思いきや、(おそらく)レア役からTC発動といったパターンもあるんだよなぁ。

 

出玉的な事を言うと理想的なTC連をかまし1687枚の獲得にて終了。BBがフューチャーされることが多いけど、実際にはBBで一撃完走を目指す台ではなく、あくまでTCとボーナスとBB。それらを重ねて出玉を伸ばしてく台というのが正解。TC連中は初代の雰囲気(あまり打ってないけどね)も出ていて、面白いと思う。

 

でもさ。

 

 

こんなもんは「残念」と言うしか他ねぇんだよ。

 

CLOSED BGM

Video killed the radio star / ロリータ18号

スポンサーリンク