【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年07月26日

だからこそ、パチスロの話をしよう

惜しくも……いや、これ全くもって「惜しく」ねぇよな。ぱちんこ勢にとっては予想外の惨敗となった今回の参院選。選挙に行った人も行かなかった人も、票を入れた人も入れていない人も、ひとまずはお疲れさまでした。選挙で「特定の事柄」を守る事はできても、大局は変わらない。ましてや若者に有利な政策が通る事なんて人口統計と年代別投票率から考えると、中々に難しい訳で、一体民意とは何ぞや。

 

そんな事を思うのが通例となっている選挙ですが、何時もよりかは少しだけワクワクしながらツイッターなりを追う事が出来ました。そういった意味では楽しめたものの……正直、ぱちんこ議員は誕生すると思っていた。が、冒頭で述べたように惨敗ですよ。えぇ。

 

最初に書いておきますが、業界的な動きとか取り組みとか、業界票の行方とか……んなもんはユーザーである俺には知る由もないので今回の選挙……というか、ユーザーにとっての選挙は名の売れた「インフルエンサー」に乗るかどうか、それが全てだったのではないでしょうか。だって、立候補している人が誰だか知らねぇんだもん。「実績」を述べワンイシューに準じたオタク族の方とは明らかに違う。

 

神輿の形は何でも良かった。

 

ただ、後ろめたさの上で成り立つ「ぱちんこ」という文化の「神輿」に票を入れて貰うためには、説得力や具体的な政策が必要だったはずだ。人は誰しもが、自分の行動に対する『言い訳』を無意識に求めている。それが「ぱちんこ」ならなおさら必要だ。正しいかどうかが重要なのではなく、誰に聞かれずとも世間に述べる事のできる大義名分。時には正義であり、時には民意であるもの。それを求めている。

 

好きなだけでは人は動けねぇ。

 

本当すんませんが、「選挙にいったほうが期待値高いから、思いを込めてレバーオン!!」的な呼びかけを受けて票を投じようと思うほうが危ないと俺は思うんですよ。だって政策云々以前に、宗教チックで意味が分かんねぇんだもん。

 

そもそも「お前ら、ライターや業界人が必死で持ち上げているけど、規制やら何やらも結局はお前らのせいじゃん?? 偉そうに言っていますけど俺らユーザーが一体何を得するんすか??」と思われても仕方がねぇ。今回で言えば神輿の(業界における)実績は皆無な訳だしさ。

 

そう俺らは嫌われているのだ。ユーザーからは「敵」扱いされている可能性まであるのだ。単純に『ユーザー票』のみを集めるのなら、「広告規制の遵守と来店取材の完全禁止」を公約に入れ、来店屋を潰しにかかったほうが支持も得られたかも知れない。

 

ま、それはさすがに無いにせよ、ライターや業界人の多くは「真」には信用されていないんでね。ツイッターやネット上での「いいね」なんて、そんなもんですよ。

 

その信用を取り戻す事。ユーザー不在で何かを変えようとするのではなく、ユーザーとしっかり向き合う事。ユーザーってのはホールの従業員でもあるんだ。まずは向き合う為に……

 

そうだな。パチスロでも打ちにいこうぜ。

 

 

都内に遅れて導入されたわが地域ではまだまだ新台扱いの『パチスロ ガールズ&パンツァーG』。スピンオフの「リボンの武者」を買いそろえている程度には原作アニメも好きだし、前作のスロットもあの時代の高ベースAT機の中では最もバランスが良かった機種だと俺は思っていて、今作も楽しみにしていた訳です。

 

んで、まずは良い所。

 

今作は周期抽選になっていて1周期が(平均すれば)50G程度なので、前兆を含めても平均1000円ちょっとで周期抽選を受けることができ、さらに6周期目はCZ確定なので、おおよそ7000円に1度は必ずCZに挑戦することが可能。そもそものCZに入らねぇという前作で有りがちな展開はなくなっている訳です。

 

仕様的には夜からのCZ1発勝負とかに向いているのかも知れないね。あと、スーパードラゴン等と似た有利区間の使い方をしているので、ヒキによっては全国制覇20連(今回は最大20連)→終了後に制覇恩恵のCZ→再び20連のコンボで4000枚だって狙える。みんなが嫌いな減少区間は無し。周期に関しては……好き嫌いが別れちゃうかな。

 

以上、いい所終わり。

 

いやね、そんな悪い訳でもないんですよ。良くも悪くも「前作に似せている」台なので、基本的な演出やAT中のベルで攻撃といった「ノリ」は同じだし、規制の中で頑張っているなぁとも思う……が、似せているからこそ細かいチューンナップの差。そこが気になって仕方ねぇ。

 

例えば赤文字やチャンスアップ演出全般。

 

これは前作に比べると弱くなっている。出現頻度が上がっていると言い換えてもいいかも知れない。そりゃ前作も「砲弾リプ」で煽ってきていましたが、「好機」という言葉は本当に「好機」の時にしか出てこなかったんですよ。あれは英断だったと思う。あの仕様で「好機」「好機」と煽られていたら……ユーザーからして見たらイラッとするだけだもん。

 

今作は「好機」というか所謂チャンスアップが増えたなと。基本的には周期到達からのCZを目指す台なのでボタンプッシュからの名言カットインが出た所で……ね。(前作同様、黒森峰はCZ直撃しました)

 

 

そして、分かりにくいCZ。

 

作りこまれた前作のCZと比べるのは号機やサブ、メインの内規が違うから酷にせよ、このCZはちょっと体感的な部分で分かりにくいよ。前半パート20Gで3枚あるパネルの色(対戦校)を上げていき、後半パートは3連戦のうちいずれかで勝てればAT。こう書くと、詳しい人なら「成程成程。前半で期待度を上げて後半で毎ゲームガチ抽選するのね」と思う事でしょう。

 

(後半も主にレア役で抽選しているけど)これ前半で既に決まっています。前半パート中はリプレイが「逆押しみほ図柄」となっていて、PT等の累積抽選ではなく「みほ図柄」や「レア役による」毎ゲームでの一発抽選。なら対戦相手の昇格やパネルは??

 

 

……ただの見た目かな。また後半パートでの当選ジャッジのバランスも「レバーオンでのチャンスアップ」に依存しすぎている気が。これ『○○高校なら〇%で勝利』と言ったガチ抽選で良かったんじゃね。どちらにせよCZが売りだった台に寄せているにしては、センスを感じられない。

 

こういった微妙な見せ方はAT中にも感じられ、今作で新たに搭載されたチャンスチーム。無双している時のイケイケ感は前作以上だけど、逆にチャンスチームがいないと「終わり」を意識しなければいけない。だってサンダース以上の(モブも含めた)敵キャラ全員が「バジリスク3の天膳」レベルの耐久力なんだもん。黒森峰に至っては天膳が6人とか8人とかで襲ってくる訳だから、そりゃ強えぇよ。マジで倒れねぇし「無理ゲー感」が凄い。

 

チャンスチームの存在で「瞬間的な火力」という攻撃力は上がっているものの、防御力に関してはこれまたバジ3並みの紙装甲。あんこうチームのⅣ号戦車はシェルツェンを付け忘れちゃったのかな??

 

つまり今作で重要なのは、取りやすくなった「Bランク」を狙い、チャンスチームや作戦をストックし続ける事。ま前作も似たような所あったんだけど、より顕著になったかなと。最終的には好き嫌いですけど……過去と現在を比べると、絶対に過去が勝っちゃうから、俺は「焼き直し」チックな台に関しては単純に損をしているなと思う。ユーザーからして見ても飽きが早いと思うし。

 

うん、言い出したらキリがない。でもね、俺が上げている事って「出玉に関係しなくてもいい見せ方」の問題なのよ。そこに関しては、ユーザーに好まれるもの(好まれるもの=面白い訳でもないにせよ)、少なくともイラッとさせないものにする事は規制に関係なく出来るのでは。

 

とあるネット記事で「ソーシャルゲームからユーザーを取り戻す為に、ぱちんこ屋は……」といった旨の記事を見かけたが、これ俺に言わせれば全く逆。スマホ時代、ソシャゲ時代と現行機種との親和性はめちゃめちゃ高いからね。

 

スマホやソシャゲ、SNSといった暇つぶしのツールがないのなら、現行AT機の多くは受け入れられなかったのではとさえ思う。リゼロの半456島でツモった人は全員がスマホで漫画かドラマを見ていたよ。それって果たしてどうなのだろうか??

 

まずはユーザーを見よう。ユーザーをしっかりと見よう。パチスロとしっかり向き合おう。

 

直ぐに変わんねぇもんはどうしようもねぇ。何と言っても俺らは敗戦陣営だ。だからさ、こんな時だからこそ、みんなでスロットの話をしようぜ。台の良い所、悪い所を話そうぜ。面白い所、クソな所を「打ってから」誰かに聞いて貰おうぜ。

 

だって俺達は「業界話」が好きなのではなくて「パチスロ」が好きなんだろ。

 

CLOSED BGM

目覚まし時計は歌う / ラフィータフィー

スポンサーリンク