【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年06月28日

誰も打たずともチャンスはある

俺の思う面白い6号機の条件。

 

まず一つ目は、何処からでも有利区間完走が可能である事。天井からだと1000枚程度しか取れませんシステムが悪いとは言わないが、単純に「可能性のない天井」を消化している時って凄くつまんなく感じる。ハナっからマックス500枚程度の疑似ボーナスタイプや、通常ATでの完走が厳しいタイプならまだ納得もできるんだけど……一体何を考えて消化すればいいの??

 

お次の条件は、明確な天井が存在しない事。

 

正直、天井の扱い方が6号機最大の問題点であり、未だ「解答」に辿り着いていない部分だと思う。天井を1000Gと仮定して、そこから2400枚完走を目指すのならノンストップATだとしても4.8枚が必要。4.8枚のATを減少区間なしで、さらには天井が1000G。ついでにベースが50G近く。当然ながら天井以外の初当たりだって考慮しなければいけない。

 

こんなもんは疑似ボーナス(という名の突破型CZ)を積まなきゃ無理だって事ぐらいは素人の俺にだって分かる。

 

逆に突破システム(所謂CZ扱いのAT)を積んでおらず、本来の意味での天井が存在する台は「AT初当たり」に関しては軽くなるが、当然ながら一撃性能は弱く、2400枚を獲得するハードルは高くなる。言ってしまえば「当たっても100枚パターン」が多いのよ、この手のタイプは。

 

良し悪しは各々の好きにすればいいが、「当たっても100枚パターン」の台が流行りにくい事。これはもはや歴史が証明している事実だと俺は思う。さらに、天井が低くなると打ち始めから天井を意識してしまって、逆に手が出しにくい傾向にもあると思う。これも散々5号機AT時代(一時期流行った777G天井など)でもやってきた事なんだけどね。

 

高ベースと低い本天井なんて、天婦羅とスイカを一緒に食うような最悪の組み合わせだぜ。志村けんだって化けて出てきちまうよ。

 

なので、明確な天井ではなく所謂「CZ」や「周期」「ぷちボーナス」的なもので緩和するのが現状ではベストなのかなと。そこから「初当たり確率」や「ベース」「ATの平均出玉」云々を考えて答えを導くと……

 

 

真面目にこの台が一番バランスいいんじゃねぇの??

 

AT初当たり確率も1/354~1/249と軽めだし、ベースが低い事をAT性能に昇華できているので「単発100枚」は少なく、周期で有利区間をリセットしているので、何処で当たろうとも完走を目指せる。逆に言うと何処からでも打てる。ただし周期天井で訪れるものはCZのCZ。

 

……いや分かるよ、分かりますよ。

 

何処からでも打てるが、何処から打っても333APまで連れて行かれるじゃねぇかよと。そう仰っているんでしょ??

 

正直そこは否定できない。あぁそうさ、333APまで貯めるもCZにすらいかず、再び333APまでの道のりを歩き始め、そして再度333APで「リンゴがどーした」という、いかにもな演出から再び0APへと舞い戻る。これが基本的なルートなのは否定できない。

 

が、これの問題点は333APと途中のAPアイコンが存在している事だと思うのよ。逆に無かったらどうなのよ、これ??

 

有利区間をリセットしていきたいので周期(500Gでもいいでしょう)という形はとったとしても、その周期内で「普通の抽選」をすればいいのでは。強チェリーならアツい、チャンス目ならチャンスといった、PTや何かではない「普通の一発抽選」をね。そもそも長くとも200G程度の周期に「ゾーンとしての期待度」を設ける事が無理なのでは。だって、それなら0Gで止めるしかないじゃん。

 

……と、イカンイカン。今日は『チェインクロニクル』を狙った日の話をするんだった。

 

写真のボーナス。一体何の事かって話でしょうけど、この台は義勇軍ボーナスに大きめの設定差があって設定1なら1/4817で設定6なら1/1605。そもそもこの義勇軍ボーナスにはAPランクと言うものが関与していて、このAPランクと周期ランクの何れかが最大ランクに到達するとボーナスが濃厚となり、APランクにおいては「昇格」ではなく「書き換え」が行われているので設定差の大きいリプレイや地図でのAPランク「書き換え」抽選。これが高設定、主に設定5.6で置きやすい現象であり、確実に見抜く事は難しいが、ランク5.6以上が確定する「赤アイコン」をチェックしながら高設定を……

 

 

って、自分で書いていても難しいんだよ、この台は!!

 

こういった知識ってのは「台をより楽しむ」為のスパイスであって、直接的な「設定を掴む事」とはあまり関係ないしさ。昇格や倍速を見ていくのが『チェインクロニクル』の設定推測ではあるが、それと設定を掴む事は全くの別次元。推測ってのは捨てない為。もしくは捨てるためにする只の「答え合わせ」だ。

 

解答用紙への記入は台に座った時点、その店に並んだ時点で終わっているんだ。それに全力を尽くす。それが設定を掴むという事であって、下しかない店で設定推測をしたって意味ないもん。

 

「俺が座ったんだから高設定(ノット指定台)」これがスロ打ちの理想系。

 

そのレベルには達していないものの、俺だって伊達や酔狂でチェンクロに座っている訳じゃないんだ。趣味打ち等々も含め「負けていい」なんて思いながら打った事は、今までありゃしねぇよ。

 

そして答え合わせをした結果。

 

誰も座らぬチェンクロに朝から座って、3000G近く引っ張られた挙句に「普通に下」と判断した大バカ者は私でございます。

 

……そりゃ高校生にもなってソロバン6級落ちているもんな、俺。

 

CLOSED BGM

退屈しのぎ / ORESKABAND

スポンサーリンク