【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年06月23日

パチスロオーバーロード

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

今週はみんな大好き新機種情報! と言っても8月は新機種の機種数が尋常でないくらいに多いですね。ヒット機種が出ない時代なので「小ロット、多機種販売」が進んでいるのと、7月に牙狼、仕置人があるためにそれを避けて8月に集中したという理由、二つが予想できます。そんな中ホールもそろそろ9月の新台の機種選定に入ろうかという時期、またまた新機種発売の情報が入りました。京楽さんから「Pウルトラセブン2 light ver」が出て、パチスロはオーイズミ初の6号機「パチスロ オーバーロード」が出てきました。

 

京楽のほうは低ベースの甘デジということですが京楽で15000台予定という事で色んな媒体で取り上げられることでしょう。なのでパチスロのほうに触れてみようと思います。50G/50枚のよくあるAT機で、末尾086(オバロw)ごとにチャンスが来るために、レア役込みだと平均50Gに1回「1Kチャンス」と呼ばれる連続演出に発展します。ここでもちろん特殊役などを引けば勝利書き換え抽選を行いますが、見事演出成功して勝利すると純増2.8枚、30G+αのBIGボーナスに突入します。この疑似ボーナス中に「狂乱チャレンジ」という3Gの演出に突入し、OVERLORD発見でAT突入!という流れになります。

 

通常時は86G、186G、286Gと末尾86G消化がチャンスになっており、モードAとモードBが存在。モードBからだとAT期待度大となっております。BIGBONUSの獲得枚数こそ少ないですが、86G以内の引き戻し率はMAX60%とそこそこ期待できる仕様です。それではまずその「1K(ワンキル)チャンス」とはどんな演出なのでしょうか? 1Kチャンスは7種類あり、突入時に点灯した色に対応する小役を引くことでチャンスUP、逆押しカットイン出現で停止出目に対応して守護神レベルが上がり、レベルが上がると1Kチャンス内での対応子役の種類が増加します。1Kチャンス失敗でも「警戒モード」に移行すれば再度15G+αで1Kチャンスに復活する場合があります。また、高期待度の1Kチャンスとして「探索モード」というのが存在し、これは専用演出に発展する模様です。

 

そして晴れて1Kチャンス成功でBIGBONUS! 赤7は期待度30%。青7は期待度60%でATに突入します。BB中に約1/4.8で発生するカットインでチャンス目が停止すると「狂乱チャンス」という3Gのチャンスゾーンに突入(BBゲーム数の減算ストップ)します。ここでOVERLOAD発見出来ればAT突入というゲーム性です。ATの性能は初回52G+αの純増2.8枚。対戦相手の告知時に報酬が告知され、バトルで倒せば告知された報酬を貰えるというゲーム性、ハズレや3G間攻撃が無いことで抽選される「スキルゲージ」を上げていくことで戦いが有利になります。また、特殊効果を集めていくことで更に戦いが有利になります。特殊効果は小役に対応しており、その特殊効果発動中に同じ小役を引くことで、オーバーリンクという状態になり、更に有利にバトルを戦うことが出来ます。

 

ここでは書ききれないほどに演出が多数あるオーイズミ初の6号機オーバーロード。8月はあまりにも新機種が多いので雑誌などではあまり取り上げられないかもしれません。ですが演出面では作りこんでおり注目の1機種と言えるでしょう。問題は導入するお店がどれだけあるのか? なんてことになりますが、飲食部門が絶好調のオーイズミさんですから、頑張って販売してくれると思います。それにしても8月は新機種が多いですね… 果たしてヒット機種はあるのか気になりますが、清涼飲料水業界のようにヒットが生まれず「新商品」の小ロット売り切りを繰り返しているパチンコ業界、早く大ヒット機種が登場してほしいものです。

 

本当は北電子が某機種のメイン基板交換を… なんてネタもあったのですが、あまりディープなネタは危ないのではっきり内容がわかったら触れることにしますね。

 

それでは、また来週!

スポンサーリンク