【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年04月12日

獣ヶ原

 

さすがに若干はヘタってきたものの、未だに稼働をホールドし続けているリゼロ。白鯨が強い、通常時が賽の河原、E(エミリアたん)M(マジ)M(無能)などなど思われる事は皆様方においても多々ある事でしょう。

 

が、この台の最も大きな問題点はそこじゃない。

 

それは……書くことねぇんだよ、6号機って。6号機というかAT機全般に言える事かもしれないけど、特にリゼロに関しては「設定考察」も進んでいるし、レムリンの薄い本について語ると版元から怒られそうだし、いやぁスロットについて書くってのも難しいものですな。

 

ちなみに一番書きやすい事。それは怒りだ。

 

誰も言わねぇなら、俺が突っ込みを入れる。そんなランボーの如き使命感と悲壮感(ランボーは悲しい映画だ)をもって挑む今回の台は……

 

 

またまた登場の『猛獣王 王者の咆哮』。嫌だって言われても書いてやる。

 

写真は爪四つ紫点灯からの天井ライサバ。正直、ゾウが出てくるものだと思っていた(だから自動回転に写真が間に合った)からガッカリ感も半端なかったけど、こういうのは「確定」ってよりも「濃厚」のほうが燃えるから仕方ねぇ事かな。打った人の話を聞く限り「爪紫」だと、かなりの確率でゾウが出てくるみたいだし、最上位のATレベルだとゾウサバ振り分けもかなり高いのでしょう。

 

うん、佐場だ。鯖だ。サーバーだ。結局サバチャンなんだよ、猛獣王は、

 

サバチャンが気持ちいいのなら、全ては許せる。これが気持ちよくないのなら全てがダメ。そして今作は……気持ちよさの片鱗は感じるものの、やはり気持ちよくない。少なくとも俺にとってはね。

 

勿論、思い出補正という部分もあると思うけど、ダチョウ以外の継続抽選がパッと見では理解が出来ないってのは如何なものなんでしょ。謎に終わる。そんな印象が残っちゃうんだよね、特にライサバ。(解析云々というより見せ方)

 

そして、猛獣王モードと天国。これらを絡めて出玉を伸ばすものではあるが……正直、どっちかでいいよね。「引き戻し」の後に「天国煽りの前兆」が始まるというのは、所謂「減る区間」を作るためにせよ、見せ方としては冗長すぎる。

 

始まりではなく、終わりだってそうだ。天井到達後の前兆ステージから演出に発展した837G。そこで当選かと思いきや、上位の前兆ステージである「獣王モード」に移行する有様。始まりの猛獣王モードで40G程度、終わりの前兆で50G近く。この台の天井って800Gじゃなくて、サバチャン終了から実質900G近くだよね。(データカウンターは猛獣王モードでも進んでいる場合が多い為、実際とのズレが生じる。宵越し等は注意)

 

さらに、ツッコミは止まらない。

 

 

前回のコラムでも書いた「一体何をしたいのか不明な演出」の一環を担う「ナビ」演出。多くの方がきっちり狙っていますが……これ共通ベルなので、狙わなくても揃います。なので(基本的には)この演出でのナビに何の意味はないですよ、はい。強いて言うなら「ごまかし」だ、これは。

 

そして猛獣王モード、最終ゲームでの連続演出。

 

4号機の演出を使うにせよ、ダチョウがまだ空をパタパタしているのに「第三停止を離した瞬間に有利区間ランプが消える」のは、どうなんでしょう。当然、消えなきゃサバ。せめて1G余分にリザルト画面をいれる、ショートフリーズさせるとかしないと……演出をみてワクワクもクソもないんですが。

 

 

ちなみに猛獣王モード終わって通常時に戻ってからサバが発動する事も。もしかしたらサミーさんと俺の中での「引き戻し」や「天国」「ストック」という言葉の認識方法に差異があるのかも知れねぇが、それぞれを単品で味わってこその深みだと思うんだけどね。

 

続けば、それなりに枚数も纏まるんだけどさ。

 

 

【猛獣王 王者の咆哮】

0-

(164 CZ2体)

ATゴリラ20G

(192 CZ3 ※爪4本発光)

(551 CZ3体)

(697 CZ3体)

849 ATライオン26G程度

-017ATゴリラ60G

-047ATダチョウ20G

(066 CZ3体)

149ATゴリラ20G

-036ATダチョウ20G

-042ATゴリラ20G

-036ATダチョウ30G

-018ATダチョウ20G

070 ATゴリラ80G

-046ATダチョウ10G

-047ATダチョウ40G

-042ATダチョウ20G

(128 CZ3体)

166やめ

投資24k 回収1599枚

 

 

前回から引き続き長々と書いてしまったが、これも全ては俺の青春の一環を担う獣たちへの愛ゆえの行為。そして期待への裏返し。何だかんだ言って「ゲーム性をつくる技術力」ではサミーが頭一つ抜けていると思っているし、実際にそうだと思う。当然、ゲーム性が高い=スロとして面白い訳でもないんだけどさ。

 

最後に一つだけ。

 

サバチャンの消化スピードによる、設定示唆はともかくとして「称号」っているのかな。そりゃ(おっさんホイホイとして)SNS等のネタにはなるかもしれないが、スロッターの称号なんてものは自己満足で構わねぇんだよ。誰かに与えられるものではなく自己満足だからこそ嫌味がないし、自己嫌悪にも陥らないんだよ。

 

無理矢理にでもそういう事にしておかないと……

 

 

十数年前の俺ならもっとできたという、思い出さえホールドできなくなっちまうじゃん。

 

CLOSED BGM

きえないで / アイナジエンド

スポンサーリンク