【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2019年04月08日

約918万分の1

高額なキャリーオーバーが続いていた「ロト7」。当然オレも買い続けていたわけだが、3月29日の抽選で遂に放出してしまった。その額

 

約28億円!!

 

1等の当選が3口あり、当選金額は「933,583,800円」とのこと。当てたかった……。当たった人は完全に人生が狂うことを期待しておりますw えぇ、僻むことしかできないクズですが、何か? つか、この当選に異議あり。

 

実はこの3口、同じ売り場で出たんだよ!! それが何を意味するか

 

「同じ人が3口購入」

 

したことになる。確定ではないが、確率的に同じ売り場で3人が同じ番号を買うことは間違いなく天文学的な確率なので、同じ人が買ったと捉えるのが普通。

 

1人で28億円……人生が狂う……(自粛)

 

これね、物凄く怪しいと思ってるの。システム開発者が関係者数人と手を組めば、ある程度の操作は可能だと思う。だって、監視団体とかいないでしょ? ごく少数の関係者だけで管理しているのなら、いくらでも操作可能。例えば、今回みたいにキャリーオバーが溜まった時に、予め3口分の売り上げを水増ししておいて、抽選後すぐにその番号が事前に販売されていたという履歴を差し込めば可能なハズ。

 

そうじゃなければ1人で3口なんてあり得ない!

 

と思ったが、普通に買えるケースも考えられる。

 

当選番号は
第310回 抽せん日2019年3月29日
本数字 17 25 26 28 31 32 37

 

となっている。オレの「誕生日番号理論(誕生日を絡めて買う人が多いので、1~31の番号は買われやすい)」から外れているので、当選口数が少なくなるのはわかる。では、この人は何故この番号を買ったのか? 「クイックピック(機械任せ)」しか考えられないね……。では、何故3口買ったのか? これは予想出来る。恐らく「3回継続」で買うつもりが、

 

「3口」の部分を塗りつぶしたことにより、偶然3口当選になった。

 

はい、全ての謎は解けた! 清好(じっちゃん)の名にかけて!!

 

尚、今回の宝くじ売り場は「高知市のイオンモール高知チャンスセンター」とのことで、高知で突然豪邸が建ったり何の理由もなく突然引っ越してしまった家族があったらビンゴですw

 

じゃ、当選者の人生が狂う前にオレの人生が狂ってきたから

 

オレもう帰る。

スポンサーリンク