【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2018年12月12日

CRクジラッキー+1

2週間に及んだ酒気帯び生活から稼働地域に戻ってみると、発つ前に刺さっていたリニュー店の状況がほぼほぼ終了していましてね。やはり打てる時にはちゃんと打たないといけないんだな、という常人であれば当たり前に分かることを今更自分の胸内に言い聞かせている今日この頃でございます。

 

まあ、でもたぶんまた同じ事を繰り返すんですけどもね(しれっと)

 

 

そんなわけで、今回は帰還後に右往左往している最中に初めて触った2機種についてです。

 

 

 

最初の機種は先週導入の超絶新台『CRクジラッキー』。初当たり1/199.8ながらトータル継続率87.2%を誇る連チャンシステム「クジドリームRUSH」を搭載した一種二種混合機です。

 

帰還した週に店休→リニューの店が範囲内に2店ありまして、クジラッキーを打ったのはそれの最初のほうの店にて。パチンコにやれそうな台が見当たらなくて仕方なしに触ってみて、結局フルで打ち切ったわけでもないのですが、この台、正直かなり「ヤバい台」だと思います。

 

先ほど記したように本機は初当たり1/199.8のライトスペック機……なのは間違いないのですけど、この当たり確率はヘソ入賞時の抽選の話で、コイツはドット上部にある「GO」入賞時にも抽選をするのですね。こう書くと「ヘソがメインでそっちがおまけなんだな」と思われそうですが、この台、おそらくこの「GO」がメインです。

 

ヘソからの当選は1/199.8ながら、仕様をよく見てみるとここからの連チャン突入率は20%。連チャンシステム・クジドリームRUSHは約「3900個」の出玉性能があるらしいので、これらから導き出されるヘソ当たり1回の期待獲得は1000個とちょっと……で、1/199.8なのですから、ものすご~く大雑把に考えてもヘソだけだとボーダーラインは50/1k近くになるはずですよね。なかなか基本ゲージの良い台ですしスピードもそこそこある台だとは思いますが、それでもボーダー50/1kの台で値段が出せるような回りを用意することは、今のご時世ではやはりほぼ不可能だと思うわけですよ。

 

ならば上を……と見てみても、上スタートからの初当たり確率は「1/4.4」、しかもRUSH突入100%。これだと上のボーダーは0.3/1kをちょっと切るくらいになるのですが、当たり前ながらムラが超絶凄まじいので、短期でも中期でも正確に見抜くのはかなり難しいと思うのです。極端なことを言えば上さえ入るならヘソに1個も入らなくても勝てる、場合によってはとんでもない台になる可能性もあるため、チャンスがあると言えばあるのですけども、導入店を見た限りそのあたりの説明はある程度きっちりなされているようですし、正直とんでもなく高くなる可能性は低いのでないかな、と。

 

しかし逆に、「上に1個も入らない台」または「ほとんど入らない台」を作ることは、おそらくこれは可能なのです。それゆえ、知らないで打つとヘソに30個/1kも入るから回るなぁと思っていたらボーダーマイナス20回転の台でした、などということも普通に起き得るのです。高値のチャンスはあれど難しく、普通の値段の台を掴むにも時間と手間がかかり、下手をするととんでもないマイナスを掴まされる。私が「ヤバい」と表現したのはこれらの理由ゆえです。

 

ただ、本当に掴み切れば誰にも知られぬ良台をひっそり打つことは可能なのかもしれません。個人的に上周辺で重要なのはブッコミとそこから落ちた先にある連釘の上下左ゆか右(上げと左がマイナス)、あとはGOの上にあるステージ状の部分のクセ(中央決まり率、左右のイレギュラーからの入賞も??)と感じたのですが、果たしてこれを掴み切るまで台が残っているのかどうか。スピードもあってなかなか楽しい台ではあるも、これを探すなら他を探ったほうが色々早い気がしないでもないですね。

 

とりあえず、上でよく回せる台はおそらく確実に出ます。出ている台をよく見るようならば、少し気にしてみるというのは存分にありだと思いますよ。

 

 

 

 

(初当たりは変わらないのでハマリも変わらず…)

 

 

もう1機種は私的にも付き合いの長い「J」シリーズの後継機、『CR J-RUSH4(HSJ)』。後半にあったもうひとつのリニュー店に行ったらメインどころが今一つで、一応ながら目をつけていたコレを仕方なしに触ってみたら、これがそこそこ値段の出る台でした、という話。

 

打ってみての感想としては、新演出がちょいちょいありながらもやっぱり昔ながらのJシリーズ……と言った感じなのですが、なんというか、前と比べて凄い「まったり」した感じになりましたね。

 

特に、ミドルスペックの「HSJ」なんて、過去作はそのスピードも相まってのかなりの荒くれものな台だったのですけど、確変突入率が72.63%→64.4%に、ヘソからの4Rは全て出玉なし→全て出玉ありに変更され、初当たり確率とスピードは変わらずながら、上にも下にもおとなしくなった印象。ついでに言えばカラくなったので打つのに必要な回転率も上がって、なおさらおとなしくまったりした印象。私的には別にこれはこれでアリなのですけども、愛好家的にはどうなのか……。

 

ちょっと芳しくないように見えますけどね。次作があるなら、もう少し考えたほうがいいような気がします。

 

 

 

 

(結局帰っても飲む男…)

 

 

そんなこんなで、手の薄い週に帰ってしまったなぁ~なんて思ったわりに右往左往しつつもそこそこ動けた帰還~今日まで。今年ももう残り少なくなりましたし、体もやっとこ稼働生活に慣れてきましたので、ここからラストスパート!!といきたいところなのですけどもね、まあね、来週末あたりからね、ちょっとね、稼働がね、あんまりね……(デジャヴ)

 

動けるうちに目一杯動いておきます。

 

 

それでは、また~っ!!

スポンサーリンク