【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2018年11月24日

俺は求める

チャンス、チャンスと騒ぎ立てるパチスロ台に比べ、パチスロ業界のいかにチャンスを掴み取れていない事か。

 

四畳半神話大系なら目の前にぶら下がる好機に気づかずとも、何度ともなくやり直す事が出来るが、残念ながら世の中はそういう風につくられてはおらず、何処までも広がるオープンワールドなんだ。逃したチャンスは二度とやってこねぇ。

 

『HEY!鏡』の初動と現状の閉塞感を顧みるに、今が変化を迎える最大の好機だと思っていたんだが、どうやら本格的な6号機時代にはもう少し時間がかかるらしい。

 

(詳しくは、つけまいてんちょ~さんのコラムを読んで貰うとして)それに関して俺の個人的な意見を述べるとだ。

 

別に『凱旋』も『まどマギ』も『バジ絆』も無くなってしまって構わねぇ。

 

そりゃこれだけ長い間ホールに貢献している機種達なんだ。好き嫌いはあれども、ゲーム性の秀逸さに嘘偽りはないし、俺だって好きな機種もあるさ。ただ、焦らしプレイは好きじゃねぇ。一体、何時から俺達のチ〇コは半立ちのままで、長い間おあずけを食らっているんだ??

 

終わりが来る事を分かっていながら、やれ高ベースATだとか、やれ一撃性能に特化したARTだとか……終わりを探さずに始まりの地点を追い求めた結果がこの現状なのではないだろうか。

 

チャンスは確かにあった。それは『ディスクアップ』が証明してくれている。

 

……あの機種を甘いから動いているだけと思っているのなら大間違いだぜ??

 

いくら甘かろうが『ハイカ101(ワンダークーちゃんの亜種)』は動かねぇんだよ。『ディスクアップ』には5.9号機、しいては有利区間を使った台としての正しい解があった。だから動いているんだ。

 

特化ゾーンのARTに頼らずとも面白い台は作れる。その流れが終わってしまうのは本当に悲しい事だけど、まだ後続の可能性が完全になくなってしまった訳じゃない。あの思いも寄らぬメーカーが、未だ名も知れぬメーカーが、新たな解を導いてくれるかも知れない。

 

そう、北電子にジャグラー以外を求めるのは間違っているだろうか。

 

 

ビックコンテンツのパチスロ化にあたり、社内開発体制を刷新したという本作。成程、成程、確かにチョレギを推していた時の北電子に比べると、液晶のクオリティが全く別物だし、何よりも演出の見せ方が今風になっている。なんとPUSHボタンが震えるんだぜ。

 

新しいハードを手に入れて、やりたかった事の全てを詰め込んだ。そんな印象を受けちまう今作。例えば設定差のあるボーナスとして置かれている「ディヴァインジャッジ」。これ不二子でお馴染みの弱JACと強JACの連続性(2連7を狙えと言ってくるのは、あくまで演出。左下段にリプレイ停止だと強JAC濃厚)を使ったシステムだし、おそらく通常時は「リプレイ低確RT」。俗に言う周期を絡ませた作りになっているはず。

 

というのも、システム的に気になる所があって、新装初日の朝イチ状態を2台カニ歩いた結果。どちらの台でも「リプレイの小V」が停止する結果(設定変更時のRT状態によっては変更判別に使えるかも)となったのよ。そしてこの「リプレイの小V」はRTからの転落時に成立する、俗にいう転落リプレイ。

 

 

(右リールはチェリー等の代用図柄有り)

 

ちとボーナス後からのデータを抜粋すると……

 

4Gリプ小V→132Gリプ小V

9Gリプ小V→153Gリプ小V

6Gリプ小V→146Gリプ小V→279Gリプ小V

 

おおよそ100G周期で転落リプ(リプレイ小V)が成立しており、極め付きは突入リプレイナビを無視(てかミスった)した結果、復帰までに100G程度を要したので、おそらく転落リプレイが入賞すると100G程度の「リプレイ低確RT」に突入しているはず。ここが所謂、通常時。

 

そして約100Gを回しきるとボーナス後の状態に戻り、そこで押し順リプレイに数度正解すると、突入リプレイ(中段ラインのリプレイ成立)が成立する状態となり、突入リプレイが入賞すると30G固定のリプレイ高確RT。ソロとかマルチとか、デスパレードとかスタミナとか呼称や見せ方は色々あるけども、この台のRTは基本この30G。これがループする仕組み。(特化とかやっていないのでそこらは不明)

 

RT直撃ゾーンと銘打たれている区間も、おそらく通常時の約100Gを回し切った状態の事で、ここで有利区間に滞在しているとRT直撃の大チャンスとなる「ファミリアホーム」に移行するのではなかろうか。

 

某乙女がゴルフをしている台がイメージ的には近いかな。あっちは128Gを回すとリプレイ確率も上がって、そこから有利区間移行を行ってのCZだったけど、こっちだとリプレイ確率は(体感では)上がらないし、有利区間に移行できるか(滞在しているか)も自分次第。

 

細かいゲーム性やRT移行を完全には把握していないけど、転落リプレイから100G付近での夜ステージ(有利区間)移行。これがアツいのは間違いないかと。

 

ま、5.9号機ですんで内部RT状態が上がっても、有利区間に滞在していないと拓当て(今回は発生しなかったけどあるらしい)もクソも無い訳ですよ。

 

……な、なんて北電子っぽくない台なのだろうか。共通点を見出せるのが、もはや精算時の払い出し音のみじゃねぇかよ。

 

『パチスロ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』

 

良くも悪くもジャグラー縛りというマゾプレイを乗り越えて生み出された通称ダンまち。ここまで書いてきたように、凄くしっかりと作っている。が、正直まだ足りねぇ。これが作れるのなら、もっと出来る。

 

手に入れた新しいおもちゃを使いたかったのか、ノーマル+RTとして考えると疑似連や連続演出発展頻度が煩わしすぎるし、ロング継続の見込めるRTの弊害からなのか、RT突入までのハードルが思っていたよりも高い。何よりノーマルタイプの肝とも言える出玉を纏めるイメージが湧きにくい。

 

200枚以上獲得できる(可能性のある)ボーナスの合算確率が設定1だと約1/429なので……そりゃRTを伸ばさないとどうしようもない訳ですよ。ボーナスの種類も欲張りすぎな気が。

 

その代わりRTの平均ゲーム数はかなり高め。正直、ここらは好みなんだけどね。ロングRTだからこそ魅せられる演出もある訳だし、演出面(バランスではなくて絵面として)はよく出来ていると思う。

 

北電子にジャグラー以外を求めるのが間違っているのかだろうか??

 

ケータイ少女の時代なら鼻で笑っていたかも知れない。が、今は迷いながらではあるがこう言おうと思う。間違ってねぇよ、と。

 

CLOSED BGM

Can’t stop Rollin’(acoustic ver) / VINTAGE TROBLE

スポンサーリンク