【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2018年11月21日

リニューに刺さる

パチプロ的に2月と11月ってわりと鬼門よな、という話が先日友人との会話の中で出ましてね。

 

2月は飲食業界でもよく言われた「ニッパチ」のひとつ、さらには他の月より日数が少なくて、イベント事の多い1月と3月に挟まれているため、理由はなんとなく分かりますよね。じゃあ11月はなんでなん?? と考えてみると……なんでなんでしょうね。まあ、同じくイベント事が多い12月、パチンコパチスロ業界的にもグランド・リニューが多くある12月の前だから、ということなんでしょうか。実際問題、私の収支アプリを見てみても確かに11月の成績は良くないですね。2月はさほどでもないのですが。

 

で、9~10月に中活躍した店も完全に終わったし、繋ぎ稼働にも限度があるし、さてどうすっべねぇ~などと思っていたら、珍しくこの時期に大幅改装からのリニューアルする店(27.5玉交換)があり。これはまさしく渡りに舟、通えれば楽な稼働が出来るなぁ~と思いつつも、整理券配布日前日に朝6時まで飲んでしまったため300番台の後手番となったのですが、まあ行けば何かはやれるんでねぇの。そんな軽~い気持ちで向かえたリニュー初日は先々週の末の頃。

 

 

【1日目】

前日も懲りずに飲んだため到着はわりとギリギリ。後手番のため事なきを得たものの、ここはちゃんとやらんといかんですよね、ハイ。

 

整列に思ったより時間がかかったり、途中で掛け持ち者が晒し者のような扱いをされて最後尾に回されたりするのを後ろから見つつ、頭の中で機種の設置位置を反芻すること数度。本来一番に見るべきは何かあれば高値となるはずのアナログ機だと思ったのですが、番手的にそこはほぼ不可能と判断。だとすると、次の狙いは台数的に看板となりそう、かつ強い台を掴めれば長くやれそうな『CR大海物語4(MTB)』と『CR真・花の慶次~漆黒の衝撃~』。まずはその2つを見て、怪しげなら攻守ともに無難な『CR冬のソナタ Remember』かな。設置機種の台数を見た当初は、大体このように考えていました。

 

いざ入場。位置的に入りやすい大海4から見たところ、少なくともすぐ手を出すべきではないと推定、そこから慶次漆黒に流れるもほぼ同評価。上述のアナログは予想通りに早番が確保、細かい機種を見ていくも微妙で、あちゃ~こりゃもしかしてハズレリニューかぁ~?? と一見では感じるような状況でした。

 

さらに細かく見てみると。大海はヘソサイズ的にあって23~24/1k程度、小さめながらも寄りにマイナスが散見され、出玉も不明瞭。ここはやはり一旦パス。慶次漆黒はヘソサイズ的に20~21/1kくらい、寄りにややマイナス、右はそんなに悪くなさそうだが……ここもやはり一旦パスが無難。

 

では押さえ候補の冬ソナは、と言うと。ヘソサイズこそそこまででないものの寄りのマイナスが微小、さらに右ポケットのマイナスも微小。打てるかどうかまではまだ分からずも、様子を見つつの初手としては無難なように思えました。

 

開始のアナウンスとともに慎重に進めると、投資わずか1kにて確変を射止め、それが引き戻しを含めて7連。貯玉がない状態のため、この早当たり万発超えは涙が出るほど嬉しいこと。

 

この連での平均出玉は約1560個。う~ん、頑張ればもうちょい取れるかなぁ。そんな考えで回りを見ていくと2,500個時点では22.9/1k→5,000個時点では22.5/1k。出玉は平均1570個ちょっとまで上がってきており、このままの状態が続くと仮定すれば持ち玉での時給は約2,600円ほどで、まあ当初の目論見どおりに手堅い、攻守に優れた稼働が出来ているなとこの時点では考えておりました。

 

その考えに変化が起きたのはその少し後。今回のリニューには私的に仲の良い専業さんたちが何人か参戦していたのですが、「漆黒がえらい回るらしいぞ」という情報がそこの人たちから流れてきまして。目の前の冬ソナも無難に打ち切れるはずの台……しかし、やはり看板風な機種を攻めて強い台を見つけておくほうが、後々のためには役立つのではないか。そう考えて、そんな回るようには見えないんだけどなぁ~?? とも思いつつ、データとにらめっこしながら台を物色することに。

 

 

(結果・1日目)

投資__1k

回収__9473個

収支_+33.3k相当

 

で、選んだ漆黒の最終的な回転率は27.93/1kという凄まじい数字に。短期だし上ムラの可能性もあるなぁと思うも、終了後にデータ等々から他台の数字を推測してみても24~28/1kがゴロゴロしており、つまりは、無難に冬ソナを選択したのは間違っていた、ということですね。う~ん、この形でこんなに回るのか……。謎だ……。ともあれ、ここまでの数字があるならば、翌日の攻めで迷うことはないとは思いました。

 

 

【2日目】

この日から通常の開店時間に。そこに幾ばくかの不安はあったものの、入店して見てみると見た目に大きな変化はなくて。

 

 

(結果・2日目)

投資__11375個

回収__19039個

収支_+27.8k相当

 

大きな変化はない、と思ったのに、前日台は前日よりやや下がる25.28/1k。もちろんこれでも十分に十分な数字なのですが、周りを見ているとこれでも中~やや下の数字っぽかったので、翌日以降のことを考えて途中から超良台を探す旅へと出立して、結果、見つけた台も25.96/1kとちょい良くらいのものとなり。納得はいくけども、先を考えたらもっと高みを目指さなければ。数字の感覚がなんだか少しオカシクなってくるようでした。

 

 

【3日目】

2日目の結果と推察をもとに、この日は新しい台へと着席。ちょっと風車上が怪しくなったように見えるも、大筋では形に変化はないようでした。

 

しかし、初手とした台は立ち上がり時点で怪しげな動き&数字を見せたため早切り。すぐさま近くの次候補へと移るもこちらも24/1k程度。いや、日頃これより安い台でも打つわけなので「程度」というのはおかしな話なのですが、やはり先を考えるとね……。空いた候補をポンポンと移動していくと、最後になんとか26/1k超の台にありつけました。

 

 

(結果・3日目)

投資___1750個

回収__30188個

収支_+103.2k相当

 

 

【4日目】

形は3日目同上。3日目台とちょっと迷ったものの、夜データからの推測によって選んだ新しい台へと挑戦してみることに。

 

 

(結果・4日目)

投資___1000個

回収__56916個

収支_+202.9k相当

 

この選択が正解で、最終的な回転率は26.67/1k、さらに前日までの台は出玉が大体146~146.5個/1Rだったのに対して、この日の台は147.5個/1R。これよりも上の超良台がまだあるとはいえ、少なくとも良台を見つけたとは言えそうな感じでした。

 

 

【5日目】

それを受けての同番台選択。形的には4日目同上。序盤から隙なく回り、結果はともあれ、最終でも26.51/1kと予想通りの数字を出してくれました。

 

 

(結果・5日目)

投資__20750個

回収_____0個

収支_-75.4k相当

 

 

【6日目】

開店漆黒形確認。もちろん同上……と言いたかったものの、この日は形にやや陰りあり。

 

全体を見回してみると、全体的にも陰りありのようで、ここまで猛烈と言っても過言でない数字の台を猛烈な台数用意してくれていたわけなので、さすがにそこまで長くは続かないか。とはいえ、ここまでやってくれるのも近年ではだいぶ珍しいと思いますけどもね。

 

 

(結果・6日目)

投資___7875個

回収____700個

収支_-26.1k相当

 

選んだのは4日目&5日目台で、最終的な回転率は25.20/1k。移動を試みるのもありだなと考えていたのですが、ここまでくると慶次島もさすがに専業者でキツキツで、なかなか良さげな台は空かず。そろそろ終焉も見えてきたなと思いつつ、終わりを見届けるまでは通うつもりでもありました。

 

 

【7日目】

殺してくるなら週末だろう。その予測が見事に外れて、入る前のこの日に慶次漆黒の形が死亡。

 

急いで他を見て回ったものの全体的にも弱そうな気配で、なんとかなりそうな島には既に専業者の姿あり。攻守に優れた冬ソナを下げ目線で試してみるも19.7/1k+さらに下がり気配で、さすがにもう打つ手がないかと思われました。

 

 

(結果・7日目)

投資___5500個

回収__14028個

収支_+30.9k相当

 

帰還モードに入りつつも探してみたのは『CRまわるんパチンコ大海物語withアグネス・ラム』。出玉良さげ台を推測から見つけて探ってみると、大体23.5/1k(サポ乗せ込み)というなかなかの台が見つかりました。

 

帰還してやることがあったため、この7日目の稼働にてリニュー集中稼働は一旦終了。疲労度からそのまま運転して帰るのは危険と判断したため、少し休んでから出発することにしたのでした。

 

 

 

(無双以外では超久しぶりの+200k↑。継続率自体は大したことないが本気を出すと猛烈)

 

 

さて、今回の集中稼働。上でも記したように日頃の感覚がオカシクなってくるほどの数字を示す台が打てた日々となったわけですが、これに初日でたどり着けたのは一緒に行っていた専業さんのおかげであって、私一人ならまぁ~早くて2日目or3日目だったでしょうね。いや、あの形の慶次があんな数字になるなんて、わりとガチのマジで思わなかったですもん。おそらく気付いて初日終了時ですね。それくらい、過去の経験値とはかけ離れた形と数字でしたから。つまり、私の力はまだまだ足りていない、というそういうことなわけです。そのあたりの努力をしつつ、また、今回一緒に動いた専業さんたちにも感謝をしつつ、まあなんとかかんとかなるようにやっていければとは思っております。

 

 

いやぁ~、しかしここの期間で値段と時間を上手いこと積み上げることが出来て本当によかった。だってね、来週からね、ちょっとね、稼働がね、あんまりね……(謎)

 

 

といったあたりで、それではまた~。

スポンサーリンク